読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はヒトデ祭りだぞ!

主に勢いに任せた雑記

バーバパパの『バーバ』って何よ

オススメ記事 ネタ
スポンサーリンク
Pick up!Amazonプライムがやばい! 映画やアニメが見放題、音楽も聞き放題、本が毎月1冊無料、等々特典多数! 【無料体験も出来ます】

バーバパパしってる?
あのキッズが見てる奴、ムーミンのライバルみたいなやつ

バーバパパのがっこう (バーバパパえほん)

 
いやこいつなんだけどさ、この真ん中のパパっぽいやつ
問題はその名前ね
 
 
 

バーバって何よ問題

 

いや、パパはわかるよ。お父さんだろ? じゃあバーバって何よ。床屋?
そんな疑問が浮かんだんですけどね、これがもしも昔の僕だったらね、もう泣き寝入りするしかないんですよ

(バーバパパのバーバ・・・・・・一体どういう意味なんだ、うぅ・・・・・・)

って枕を濡らすしかなかったと思うんです
でもね、今の僕は違うんです

大人なんです、キッズじゃないんです、PCだって持ってるんです

グーグルっていう素晴らしいサイトでね、こういった日々の疑問はぜーんぶ解決できちゃうわけです
さっそくググってね、wikiをチェックですよ

wikiより引用

 

『バーバパパ』(仏:Barbapapa、発音:バルバパパは、アネット・チゾン(Annette Tison)とタラス・テイラー(Talus Taylor)による絵本、
およびその作品に出てくるキャラクターの名前である。

 

 

え、ちょっと待って。

 

バルバパパって何!? 
語感すげーいいんだけど!

口に出して言ってみよう! リピートアフタミー

「バルパパパ」

……文字だといいけど意外と口当たりはよくないね

 

続き
 
なお、日本では英語風に「バーバパパ」となっているが、
仏語圏では、しいてカナ表記すれば「バルバパパ」という具合に r を発音する。
 
そうだったんだーーーーー!
 
知らなかった!! みんな知ってた!? すごいことですよこれは! このブログを見てる皆さん、ラッキーですね!? これでバーバパパ通っぽく振る舞う事が出来ますよ!?

いや、生きてればね、人生で一回くらいバーバパパの話題、あるじゃないですか?(僕はまだない)
 
その時にすかさず
 

「でさー、バルバパパがさー」

って具合で発言するんです
そりゃもう周りの皆は困惑ですよ


(今あいつ……バルって言わなかった……?) (噛んじゃった感じ……? 滑舌悪いの?)(間違えてやんのだっせーーーー!) (にわか乙) (明日☆君に告白しよう)


みたいな感じになりますよね? そりゃもう不穏な空気が流れます
誰かが突っ込んでくれればそれでいいのですが、流されそうになってしまった場合は


「あっ、ごっめーん! そういえば日本ではバーパパパなんだっけぇ? いやー、本場フランスでは「r」を発音してバルバパパになんだよねー、いやー、本家はそうなんだよねぇーー! まあ、強いてカナ表記をすれば、って話ではあるんだけどねぇーー」


と、自らぶっちゃけてくださいよ。
するとどうでしょう。さっきまで困惑してた友人たちも


(言い間違えじゃなかったんだ! すげえ!)(滑舌が悪いわけでもなかったんだ! 素敵!)(だせえのは、俺だったか。ふ、負けたぜ) (玄人乙) (もう今、告白したい!!好き!!)


ってな具合です。一躍人気者ですよ
いやぁ、皆さんよかったですね。是非実践してくださいね!

 
そんな感じ!

おわりっ
 
 

いやいやいやいや
ごめん、違った。リアルに投稿ボタン押して自分で読み返して
「あっ」って声でた

 
違うね。ごめんね。問題がまるで解決してなかったね

そうですね。本来僕バーバパパの「バーバ」って何よって記事書いてたんでした。

僕はタイトル以外は何も考えてない状態で思いつくままにガーーーって入力フォームに一発書きしてるんで、こういうことが起きてしまうんですね

気を取り直してwikiの続きを張るとですね

仏語で Barbe à papa は元来「パパのひげ」のことで、転じて「綿菓子」をも意味する。
このキャラクター名は、「綿菓子」と「パパ」の2語をかけたもの。

 

へー、そうんなんだー……
う、うん、へー、うん、なるほどね。そういう二重の意味があったんだ。へー

 ……あれ、どうしよ。一回終わっちゃたのと、バルパパパが強すぎて全然「なるほど感」が全然ないもうテンション的には「で?」ってレベル。「だから何?」ってレベル

同級生に「今日見た夢でさー、お前出てきたよ」って言われたくらい「で?」って感じ

 
まあこれはいいよ! そんなことよりもさ
 
 転じて「綿菓子」をも意味する。
 
これ、めっちゃカッコよくない!???

使いてぇーーーーこれめっちゃ使いてぇーーーーー!

なんていうかさ

 

使いたいというこの気持ち、転じて「綿菓子」をも意味するんだよね……

 

 

 

滅茶苦茶かっけーーーーーーーーー!!!

 
 

転じて○○をも意味する。このフレーズ、やばい。キテる
○○の中身は困ったら綿菓子でいいです

 

いやちょっと待ってよ。だってこれもうさっきのセリフと組み合わせたらさ

 

「あっ、ごっめーん! そういえば日本ではバーパパパなんだっけぇ? いやー、本場フランスでは「r」を発音してバルバパパになんだよねー、いやー、本家はそうなんだよねぇーー! まあ、強いてカナ表記をすれば、って話ではあるんだけどねぇーー

ちなみに仏語で Barbe à papa は元来「パパのひげ」のことで、転じて「綿菓子」をも意味する

 

 

ヒューーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

 

 

マジかっけぇよコレ!
これはモテる。モテたい男子諸君、明日から学校で、職場で、これやろう

是非使ってみてください!

 
 
 
おわりっ 転じて「綿菓子」をも意味する