読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はヒトデ祭りだぞ!

主に勢いに任せた雑記

【だーまえ】麻枝准の魅力について滅茶苦茶語る【key】

アニメと漫画 アニメと漫画-アニメの感想・紹介

 

YO! YO! オレヒトデ! オマエは 陸に上がって進化を遂げたウーパールーパー!

みなさん。大人になんて、ならなければよかったんだ(挨拶)
✩←ヒトデです

さて


麻枝准

 

この名前を聞いてピンと来る人は果たしてどれくらいいるのでしょう
僕の尊敬する人物は? と聞かれたら間違いなくこの麻枝准の名前が真っ先にあがります

 


【雑記】✩←ヒトデの殺伐ブログ - ✩←出会い厨ブログ(仮

この記事でもチラっと書いたが、今回はさらに掘り下げていこうと思います

 

 

麻枝准とは

 

ビジュアルアーツ傘下のゲームブランドKeyに所属している、シナリオライター兼、作詞家兼、作曲家兼、音楽プロデューサー(兼脚本家?)である

 

ゲームシナリオライターとして『Key』を人気ブランドにした立役者の1人であり、作詞・作曲家として、Keyの作品の主題歌や挿入歌、BGMなどを数多く手掛けている人物である(wikiより)



アニメやギャルゲ等の所謂オタク文化に多少触れた事のある人なら

 

AIR」

f:id:hitode99:20150309204103j:plain

 

「CLANNAD」

f:id:hitode99:20150309204122j:plain

 

「リトルバスターズ!」

f:id:hitode99:20150309204500j:plain

 

等の名前は聞いたことがあると思う
それらのゲームのメインの部分を作成しているのが、彼、麻枝准である。通称だーまえである

 


だーまえの作品は性的要素や萌え要素がクローズアップされがちな「エロゲー」や「ギャルゲー」で「泣き」「感動」の要素を取り入れた“泣きゲー”を確立させたことでカリスマ的な人気を獲得している


僕は彼の信者なので、どうしてもだーまえについて語ると信者フィルターがかかってしまうが、客観的に褒めるために具体的な数値を用いる

 

Keyでだーまえが「企画・シナリオ・音楽」を手がけたフルプライスのゲーム

 

『AIR』
『CLANNAD』
『リトルバスターズ!』

 

は、いずれも初版で10万本以上を売り上げ、美少女ゲーム年間売り上げランキングで、それぞれ、

 

1位
2位
1位

 

となる大ヒットを記録
これは本当にすごい事で、なかでも『CLANNAD』、『リトルバスターズ!』は性的描写を一切含まない全年齢対象の作品なのだ

ランキング上位の殆どをアダルトゲームが占める中での異例なヒット。賞賛せずにはいられない! それだけ素晴らしい作品を残してきた人なのだ!

 

作品のテーマ

 

だーまえの作品のテーマとして頻繁に取り上げられるのは「死」「家族(及び家族に準じる集団)」である

「死」は感動を呼びこむための要素として麻枝作品で度々使われる題材であり、この部分に反発して

「あいつの作品、人殺して泣かせてばっかじゃんw」

何て事を言う人も結構見かける
もう信者の僕としては空中で連続蹴りをかました後に別のだーまえ信者に蹴りでトスをし
 

f:id:hitode99:20150309205845j:plain

「コンボが繋がった!」

 
って帰って来たところに再び空中連続蹴りを放ち64Hitコンボになるまで繋げたいところだが、確かに間違ってない
 
「死」というテーマの陳腐化が否めないことを麻枝本人も悩んでいる、というインタビューの記事もある
ただ誤解のないように伝えておきたい事は、別に人(キャラ)が死んだ事に大し

「○○が死んだ! 悲しい! 泣ける! 感動!!」

何て風に泣いているわけではないという事だ(まあ中にはそういう人もいるかもしれないけれど)

どうにも作品をやっていないのに批判をしている人にはこういう誤解が見られる

だーまえの作品の泣ける部分というのは、キャラクターの死によって浮き彫りになる関係性にあると思う
 
「死」を受け入れる事が出来ずに折れてしまっても、そのキャラクターの残した「何か」で再び立ち上がる事が出来る。前を向いて歩いていける
 
 そういった部分に心打たれているのだ
 

ただの楽しい日常パートが一転、二週目にプレイすると泣けてしまう要素になっているのだ。見事としか言いようがない

 

CLANNADに関してはこの前も少し語りましたね↓


【雑記】人生……かな……? 俺はCLANNADに以下略 - ✩←出会い厨ブログ(仮

 


「家族」に関しては『AIR』までは母娘関係を取り上げていたが、近年は多人数間の友情を描く方向へとシフトしている

これは出せるキャラクター数が限定されていたためらしい(しかしAngel Beats!は明らかにキャラ多すぎった。ゲーム化するからいいけどねぇ!)
 

僕はCLANNADの親子の話題も非常に好きだ

 

渚と両親との絆。朋也と父との和解。そして汐と朋也の例のシーン
 

どれも涙なくしては見られない

一方で、だーまえは恋愛ゲーム、アダルトゲームのシナリオライターでありながら、恋愛描写、性的描写には殆ど重点を置かない

これに関しては賛否両論あると思うが、この業界では明らかに異質。しかし、それで実際に人気があるというのがすごいところ


だーまえ本人は家族になる前の段階には興味がないとも述べている
 

作品の手法


また、関係の無い2つの事項を組み合わせてギャップを作り、感動や笑いを演出する手法が得意
シナリオ全体におけるシリアスとギャグのギャップも激しく、少し好みが分かれる部分ではある
 

特にギャグパートは「あのノリ無理……」となる人も一定数いるのも事実

ちなみに僕は(もちろん信者なので)だーまえの書く日常シーン、ギャグシーンが滅茶苦茶好きであり、大抵爆笑している

特に男絡み(CLANNADの春原や、リトバスの初代リトルバスターズ組)では「天才か!?」と思わざるを得ないキレのありすぎるギャグがこれでもか! と詰め込まれている
 

f:id:hitode99:20150309210613j:plain

筋肉筋肉ぅ!


そしてそんなギャグから、物語が後半に近付くにつれ一気にシリアスになるためギャップが産まれる
前述した通りこのギャップが大きな感動を生んでいると僕は思う
 
散々バカなパートやった後のリトバスの男3人とのシーンとか、泣くでしょ
 
 
真人のシーンで「あぁ……」ってなって、謙吾の「俺はもっと、遊びたかったんだ」で思いっきりやられて、最後の恭介の男泣きでトドメだよ
 

f:id:hitode99:20150309210910j:plain

 
あそこの最大風速はすごいモノがある。個別パートは正直そこまで好きじゃないんだけど、リフレインが全て持って行った
 
ちなみに小毬と鈴の別れのところも滅茶苦茶好きです。嗚呼、語り出すとキリがない

 

だーまえの音楽


僕は麻枝准の書くシナリオが超超超好きなわけだが、せっかくだし音楽についても少しだけ触れておく


そもそもだーまえは音楽の方面でこの業界に入った人物である

彼の作った楽曲の中で最も有名な曲と言えばそれはもう「鳥の詩」だろう(作詞のみ)(作曲は折戸伸治)

 

この手のジャンルに少しでも手を出した事がある人なら1回は聞いたことがあるはずだ

 

ここから始まっただーまえ×Liaのコンビが僕はもう超大好きなのだ。ちなみにkarmaLife is like a MelodyBirthday Song, Requiemが特に超好きだ

 

だーまえのボーカル曲は、歌詞が高い物語性を有しているのが特徴であり、大抵の曲は一度聴いただけでは今一つピンと来ない「スルメ曲」が多い

 
既存の音楽理論に則さない独特なメロディーラインや変拍子を使う
 
それが「癖になってしまった」人は彼の音楽の虜になっていくのだろう
あまり一般受けする曲ではなく、主題歌等を考える際はキャッチーさ(人気になりやすさ、一般受けしやすさ)を優先し、自分の好みの曲は2曲目にこっそり入れたりするらしい
 

ちなみにだーまえの親友、中川君によると麻枝音楽はTM2割、小室2割、坂本龍一3割、ZABADAK2割、隠し味に尾崎豊1割、で構成されているらしい(豆知識)

 

殺伐Radio


だーまえはあまりメディアに露出をしていなかったのだが、AB!をきっかけに多くのメディアに出てくるようになった
テレビにも出ている

 

f:id:hitode99:20150309211423j:plain

そして、このだーまえ、イケメンである

そんな中でもファンを特に喜ばせたの(っていうか僕が狂喜乱舞していた)が

このブログ

麻枝准Angel Beats!開発日記



このラジオ

麻枝准の殺伐RADIO|Angel Beats! 公式サイト - アニプレックス

である

だーまえの事を大好きだが良く知らない! という人にはうってつけのものだ
ブログに関しては僕はリアルタイムで追いかけていたし、終了後も3回は読みなおした

 

そして殺伐Radio

はっきり言う。素人のそれである

ただ単にAB!が好きで「へー、ABのラジオあるんだー」
何て来た人達には

「何これ、滑舌悪すぎ……」


と閉じてしまうだろう。しかし信者はそうではない。信者にとってこの殺伐Radioは最高のものだ


今まで知らなかっただーまえの過去を知り、考え方を知り、当時のバンドの曲まで聞けるのだ(KIMELLA)

ちなみに第一回が90分

なっげーなと思ったら第二回が4時間おーーい!


と思ったら第三回は5時間のボリュームがある

 

最早ラジオでも何でもねぇ!



全部5週はしたが、今でも暇さえあれば聞いている。信者って怖いよね? 君もこっちにおいでよ

特にLiaさんがゲストの第三回と中川君がゲストの第二回がお気に入り
そして、なんと今回その殺伐Radioが復活したのである!!!!
 
 
 
全国のだーまえファンはムヒョっす、最高だぜ。となっている事請け合いだ
何故復活したのかと言うと、これだ

 

TVアニメ「Charlotte(シャーロット)」公式サイト

 

 
楽しみだなぁ~~~~~!!

オリジナルアニメ第二弾だってさ!

 
そしてAB!もゲーム化! 本当に楽しみ

 

f:id:hitode99:20150309214415j:plain

 
キャラクターがすごい好きだから前回の1クールだと消化不良感が否めなかったけど、これならいくらでも味わえる!

 

ちなみにAB!キャラクターコメンタリーがもう滅茶苦茶面白いです
AB!好きな人は是非見てください

「ジェラシィー!」って叫ぶ岩沢遊佐の喘ぎ声みんなのショートコント関西弁のTK

等、皆の見たかった全てがここに詰まっている! DVDブルーレイを買え!

あまり大きな声で言えないけどニコニコに実は全部upされてます。ファッキン)


読んでいただいたらわかる通り、僕はだーまえが大好きな訳です
でも、周りにはあまり語る事が出来る人はいないわけです。寂しいです

特に殺伐ラジオの話とか伝わった試しがないです


友達「おはよ」

僕「大人に何て……ならなければよかったんだ……」

友達「は?」

 

つらいです。もっとこう

 

僕「皆さん殺伐わー」

「死ね!」

「はい、無視します」

「皆 殺 し」

僕(ほっこり)


っていう会話をしたいです
殺伐Radio好きな人は@hitodeblogをフォローミー!

 

まとめ

つまり、だーまえって最高だよなぁ!?
って事を言いたいがためにこの記事書きました


下手すると誰一人伝わらない可能性のある記事ですが、後悔はない。リトルバスターズは、不滅だ



それと便座カバー


おわりっ