読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はヒトデ祭りだぞ!

主に勢いに任せた雑記

彼女が腐女子です。その3 理解しようとはしました 「色々とFree!」

恋愛についてすげー語ってる記事 恋愛についてすげー語ってる記事-彼女が腐女子です

hitode99.hatenablog.com

 

↑その2はこちら

 
やっぱりさ
 
好きな子の事って何でも知りたいよね
 
特にその子が本当に大好きな事っていうのは、やっぱり理解してあげたいよね?
 
 
でね、僕の彼女が一番好きなモノはね
 
 
BL
 
 
ベーコンレタスとかじゃないよ。そうだったらよかったんだけどね
これ「Boys Love」の略なんだって。何それって? うっせーなホモだよホモ
 
 
ただ、彼女は腐った人種の中でも「みんなで楽しもうよ!!」ってタイプではなく「ひっそりと楽しめればいいの」派でして。フォロワーも20人くらいしかいないわけでして
 
 
僕にそういう趣味になれ! っていうような事はなかったわけですが、僕的には、やっぱり好きな子の好きなモノを全然知らないって言うのは彼氏としてよくないなぁと思ったわけです
 
 
って事で
 
 
勉強しました
 
 
でも教科書を持っていない。ないなら借りましょう
とりあえず彼女の家にある教科書(薄い本)で勉強しましょう
 
 
僕「ねえねえ」
 
彼女「んー?」
 
僕「このFree! の薄い本読んでいい? 読むね?」
 
 
彼女「何で!?」
 
 
すっげー慌てて奪いに来た
今まで僕はその薄い本達に触ろうともしなかったので当然と言えば当然だ
 
ちなみにFree! はこれ。あちらの界隈で盛り上がっているが、ホモ抜きに見ても普通に面白い

f:id:hitode99:20150627005205j:plain

 
 
で、直接「君の事をもっと知りたいからだよ」みたいなモテセリフは言えないので「いや、なんとなく・・・・・・」とかお茶を濁して押し切りつつ読むことに
 
目の前で精読してたら「何か恥ずかしい!」とか言い出すから何故か一緒に読むことに
 
1ページ目で男が男に「かわいいな」って言われてカーーッて赤くなってた
 
僕「いや、ないでしょこれは」
 
彼女「アリます」
 
僕「何でもう高感度MAXな訳? 男同士なのに」
 
彼女「アリマス」
 
僕「だってこんなん実際にいたらさ……」
 
彼女「BLはファンタジーです!」
 
 
とか言ってたら2P目でもうH始まった。この辺は男の薄い本と一緒なのね。僕はストーリー性があるほうが好みなのですが
 
 
僕「こんなとこに穴ないよ!?」
 
彼女「あります」
 
僕「いや、普通に考えておかしいでしょ。位置が!」
 
彼女「BLはファンタジーです!」
 
 
そういう問題!? 
流し見。そして次の本
 
 
彼女「まだ読むの!?」
 
僕「全部読む」
 
彼女「全部!?」
 
 
黙々と読んでたらそのうち飽きて彼女は別の事をしだした。一緒に読むのは何か微妙に恥ずかしかったので都合が良い
 
その隙にひたすら読む。彼女が1人暮らしをして間もない時期だったので、まだ薄い本はそんなになかった。普通のコミックサイズのとか、エロは一切ない奴もあった
 
 
僕「ねー、何でこいつら男同士なのに結婚してんの?」
 
彼女「愛しあっているから。ちなみに子供も産める」
 
僕「産めねーよ!? 男にはそういう機能ねーよ!?」
 
彼女「あります。超妊娠という用語があります」
 
 
僕「超妊娠!?」
 
 
奥が深ぇ……
 
 
僕「でも俺の奥さん可愛過ぎ/// とか言ってんぞ。男同士なのに。こいつら頭大丈夫?」
 
彼女「ファンタジーだからいいんです!」
 
 
奥が深ぇ……! 
 
 
つまるところ、僕が突っ込んでるのは全部「野暮」という事らしい
 
 
 

「野暮」について

 
確かにアニメ見てる時にいきなり
 
 
「でも髪の毛ピンクとか現実にいたらキモくね(笑)?」
 
 
とか言われたら
 
 
「は? ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールちゃんのどこがきもいんだよ。そんでな、現実にいねーからこっちは困ってんだよ。そんなら連れてこいよコラ。おい、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールちゃん連れて来てみろよって言ってんの! おめぇが言ってんのはな「ドラゴンとか実際にいたら強くね(笑)?」って言ってるのとなんら変わらないわけ。そりゃつえーよ? 空想上の生き物だからなぁ! でけー体なのに何故か空を飛べて火も吹けるし、場合によっては喋ったりもしちゃうもんなぁ! そりゃ空想上なんだからなんだって出来るよなぁ! それが現実にいたら~とか言ってる時点でナンセンスなんだよな!? 実際にいねー生き物だからおもしれーんだよな!? なのに突然「実際にいたら、強くね?(笑)」とか言われてもこっちは「あ、はい」って返すしかねーんだよな!? わかるか? 俺の言ってる事わーかーるーかー?」
 
 
 
ってなるもんね。ごめんね
 

f:id:hitode99:20150627010515j:plain

(※ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールちゃん)

 
 
とりあえず全部読んだ感想としては
 
 
まあ無理に僕がそれを好きにならなくても、それを好きな彼女の事を理解して、その趣味を否定せずに、楽しんでいる姿を見守ってあげられるなら、それでいいんじゃないかなぁ
 
って、そう思いました
 
 
 
 
 
(と言う名の逃げ道を作りました)
 
 
 
 
 
そんで現在
 
 
 
「私のBL本見たんだから、☆君のAV見せてよ」
 
 
 
 
っていう修羅場な要求をひたすらかわしているわけであります
 
 

 

 

彼女が腐女子です。その4へ続く

hitode99.hatenablog.com