読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はヒトデ祭りだぞ!

主に勢いに任せた雑記

【12/12まで!】Amazonで超お得なビッグセール開催中!会場こちら!

理不尽、不条理に人が死にまくる漫画を10作品紹介する

はてブ100以上 アニメと漫画 アニメと漫画-漫画の感想・紹介


進撃の巨人、テラフォーマーズ辺りの人気の影響からか、やたらに人が死ぬ系の作品が増えている気がします一時期の流行りでしたね。もうマガジンとかどこ読んでも人死んでたもんね

 
今回はそういったタイプだけではありませんが、とにかくやたらに作中で人が死ぬ漫画を紹介します
 
こういうの好きだぜ、って人もいますが、もちろん「無理!」って人もいるとは思います
結構エグい作品もいくつかあるので、苦手な方はご注意ください
作品一覧を目次として置くいておきます
 
 

テラフォーマーズ/貴家悠、橘賢一

まあ導入で書いたので
 
火星にゴキブリ(型の宇宙人)を倒しに行く話
敵が強くて味方がすぐ死ぬ! わざわざコマを裂いてどんな能力なのか説明したと思ったら1コマで死亡とかザラ。最早様式美
 
アドルフが好きでした。そして人間同士で戦ってる編はあんま好きじゃない。ゴキブリと戦えよ
 
 
 

進撃の巨人/諌山創

 
導入で書いたのでその2.ちなみに作者の名前は「いさやま はじめ」読めねー!
 
ブームを巻き起こした作品。アニメ化効果でかなりブーストされたと思う。僕も大型巨人の正体が~とか割りとわくわくしながら読んでた
 
タイトル通り巨人と戦う話
テラフォーマーズと同じく人間側よりも巨人側がかなり強くて、かなりあっさりやられる。そして食われる。捕食シーン多め
 
アニメ化から読み出して、アニメも終わって熱が冷めてもう読んでないって人多そう
今でも読んでると「あー、あの話って今どうなったの?」って聞かれる漫画NO1! 
 
ちなみに「アルミンが女装して拘束されてセクハラされてた」って言っておけば勝手にまた読み出すぞ!
 
 

ミスミソウ/押切蓮介

 
東京から田舎に引っ越してきたら、そのままいじめられ、いじめがエスカレートした結果家に放火され、家族を全員焼き殺された少女が復習にいじめてた奴ら全員殺す話
 
もうこうやってあらすじ書いてる時点でやばい。でも間違ってないから困る
超人的な身体能力とかを持っているわけではないので、殺しが生生しい。っていうかエグい。痛い。そして話に救いがない
 
 
 

バトルロワイヤル/田口雅之、高見広春

生徒全員爆弾のついた首輪をつけられたまま無人島に運ばれ、支給された武器で殺し合いをさせられる話
 
最後に生き残った1人だけが生きて帰れる、3日経っても人数が1人になっていなかったら全員首輪が爆破
 
発狂する奴がいたり、割り切って殺す側に回る奴が居たり、色仕掛けする奴が居たり、仲良しグループで行動していたはずが一人が食事に毒を入れだしたりともうバイオレンス。超問題作
 
 
 

神様の言うとおり/金城宗幸、藤村緋二

神さまの言うとおり (金城宗幸) コミック 全5巻完結セット (講談社コミックス)

神さまの言うとおり (金城宗幸) コミック 全5巻完結セット (講談社コミックス)

 

 

完全に理不尽に死んでいく様を書くのがメインな作品
 
話の内容に中身や物語はないし、特別何か伝えたい事があるってわけでもなさそう
最近の大量に人が死ぬ系の流行りに乗ったんだろうなぁって作品。命の軽さがすごい
 
個人的には酷評だけど、なんだかんだ読んだし(Ⅱは読んでないけど)単個本いっぱい出て映画化までされてるんだからそこは素直にすごいと思う。ブームを上手く使ってる。ラッスンゴレライのようだ
 
 

魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎

魔法少女的なふわふわしたタイトルと思わせて、もう大量虐殺
中身も中々ぶっ飛んでる。絶望系パニックホラーー。まあ表紙で既にぶっ飛んでるんだけどさ
 
魔法少女に殺された人は魔法少女になって生存者を襲うあたり、ゾンビ物と似た種類の作品。しかし、グロで気を引いてる事は間違いないが、続きが読みたくなるような複線を露骨にばら撒いたりと中々読まされる(伏線の定義云々は置いといて)
 
倫太郎とかいう初対面下半身丸出しで変態なのに実際のところ童貞なキャラ、好き
 
 

GANTZ(ガンツ)/奥浩哉

コレ入れるの有りかな? と思ったけどテラフォーマーズがあるからいっかって
死んだ人間が集められて、宇宙人を倒せば生き返れるよって話
 
まあ普通に人が良く死ぬ話ではあるんだけど、タイトル的に正しいのは主人公のライバルキャラが新宿で通行人を銃で撃ちまくるシーンかなと思う。あと後半も割りとそういうところあったかな
 
風呂敷畳めなくね? って思ってたら畳めてなかった。でもまあとりあえず完結したから良いと思う
関係ないけど大仏編が滅茶苦茶面白くて好き。強いレベルの一般人が戦力として成り立ってる辺がいいよね
 
 

悪の教典/島山英司、貴志祐介

人気者だけど、裏では自分に都合の悪い人間は全て殺しているサイコキラーと呼ばれる教師が、文化祭の準備のために学校に残っている自分のクラスの生徒全員がとある事情で邪魔になり、学校内に閉じ込めて皆殺しにしようとする話
 
序盤は普通にGTOみたいな感じで、イケメン教師が問題児達を懲らしめる! みたいな流れだったはずなのに、どんどん不穏な展開になっていき、最終的に……って感じ
 
蓮見ん、黒いよ
 
ちなみに原作は小説
 

漂流教室/楳図かずお

他の作品とは毛色が違いますが、タイトルには合っているので追加
関係ないけどさりげなく「公害」もテーマだったりする
 
小学校丸ごと異世界(荒廃した未来)に飛ばされてしまって、小学生(と数人の教師)がサバイバルする話。色々とえぐい
 
低学年の子が「鳥になってお家に帰るんだー!」って屋上から飛び降りるとこがつらい
 
でも防衛大臣はカッコイイ
 
 

アイアムアヒーロー/花沢健吾

ゾンビ物。ただし序盤は結構のんびり
っていうかゾンビ物は大抵の場合もれなくタイトル通りになると思う

富士山の編でどんどん感染してく編怖い
超人系じゃなくて一般人だからいいよなぁ、とか思ってたら割とあっさり超人系になってた!

他にはゾンビ物だとハイスクールオブザデッドとか
今アニメで話題の学校ぐらしとか

がパッと思い浮かびました。前者は途中で投げだされており、後者はアニメは見てますけど漫画は読んでません!

 

追記:コメント欄で人気のマンガ

エルフェンリート/岡本倫

側頭部の対となる2本の角とベクターと呼ばれる特殊な能力を持つ女性型ミュータント・二觭人(ディクロニウス、觭は「角奇」)。彼女らは人類を淘汰する可能性を持つとされ、離島の国立生態科学研究所に国家レベルでの極秘機密として隔離され、研究されている。

ある日、偶発的な事故によって研究所に隔離されていたディクロニウスの少女・ルーシーは、拘束を破って警備員と研究所室長・蔵間の秘書・如月を殺害し、研究所からの脱走を試みる。海に飛び込む直前に頭部を対戦車用徹甲弾で撃たれるも幸い軽傷で済んだルーシーは、そのまま海へ投げ出される。

一方、大学に通うために親戚を頼って鎌倉にやってきた青年・コウタはいとこのユカと共に由比ヶ浜を訪れた際、そこで浜辺に佇む全裸の少女を見つける。その少女は、海へ投げ出された後に由比ヶ浜に流れ着いたルーシーだった。

ルーシーは頭部への銃撃が元で記憶を失った上、人格が分裂して全く別の人格が発現していた。「にゅうにゅう」としかしゃべれなくなった彼女をにゅうと名付けたコウタとユカは、彼女が人類を滅亡させる存在であることを知らないまま、コウタが住むことになる楓荘に連れて行き、一緒に暮らすことになる。

 

エルフェンリート - Wikipedia


アニメ版がその残虐性がウケて(もちろんそれだけではないが)外国で非常に人気らしい

ぼくらの/鬼頭 莫宏

夏休みに自然学校に参加した少年少女15人は、海岸沿いの洞窟でココペリと名乗る謎の男に出会う。子供達は「自分の作ったゲームをしないか」とココペリに誘われる。
ゲームの内容は、「子供達が無敵の巨大ロボットを操縦し、地球を襲う巨大な敵を倒して地球を守る」というもの。兄のウシロに止められたカナを除く14人は、ただのコンピュータゲームだと思い、ココペリと契約を結ぶ。

その晩、黒い巨大なロボットと敵が出現する。ロボットの中のコックピットに転送された子供達15人の前には、ココペリと、コエムシと名乗る口の悪いマスコットが待っていた。これが黒いロボット・ジアースの最初の戦いであった。戦闘を重ねるにつれ、子供達はゲームの真の意味を目の当たりにすることになる。

ぼくらの - Wikipedia


ハートフルだと思ったらハートフルボッコにされた

ザ・ワールド・イズ・マイン/新井 英樹

東京都内各所で消火器爆弾を設置するモンちゃんとトシの二人組(通称トシモン)は、これといった理由もなく北海道を目指す。その道中、青森県で成り行きから連続爆破、警察署襲撃、殺人代行といった日本全土を震撼させる無差別殺戮を開始する。
それは内閣総理大臣までも舞台へと引きずり出す大きな勢いとなる。時期を同じくして、北海道から津軽海峡を渡ったといわれる謎の巨大生物「ヒグマドン」が出現し、次々に人々を惨殺して東北を南下していった。「鉄人」とも呼ばれる熊撃ちの老人と、新聞記者がそれを追いかける。そして遂に3つの点が秋田県大館市で遭遇する。ここで初めてヒグマドンの全貌が明かされ、物語はアメリカ大統領すら巻き込む全世界レベルで進行していく。

大館市内を通り過ぎた後も南下を続けるヒグマドンは、自衛隊による捕獲が決定され仙台市で仮死状態にされる。その後太平洋を海上輸送されたが途中で巨大化。水爆を打ち込まれることでようやく成長が止まった。

トシモンは大館市を脱出するが、モンちゃんが秋田市内で銃を乱射、警察と銃撃戦を繰り広げる。やがて秋田県内の山中へと逃走の末、トシだけが逮捕される。一方、モンちゃんは国内の支持者を使って関東同時多発テロを引き起こし、その後に海外に脱出して世界のテロリストのカリスマとなった。
こうして世界は殺伐としたまま、今までと変わらず続いていくと思われた。

 

ザ・ワールド・イズ・マイン - Wikipedia


これは紹介されるまで知らなかった作品
近いうちに読もうと思う


他にも多くの作品が上げられているので、もし良かったらブックマークコメントも合わせてご覧ください

まとめ

理不尽な死が目的なのか、書きたいテーマに不可欠なのか、書きたいのはバトルで、内容に緊張感を持たせるために用いてるのか、とか色々あると思うんですけど、「とりあえず人がいっぱい死ぬ(殺される)作品」って感じでまとめちゃいました

「おいおい! これとこれは一緒にするなよ!」 ってのあったらごめんなさい

 

彼岸島は一瞬思い浮かんだんだけど、流石にココ最近(っていうかかなり前)からギャグ色が強いんで辞めときました。ただし表紙は未だにすげぇ怖い

彼岸島 48日後…(3) (ヤンマガKCスペシャル)


この手の漫画はいわゆる「怖いもの見たさ」で見たくなっちゃう部分が大きいと思います。もしくは残虐を好む自分が心の中にいる!? こわっ!

ちなみに僕は

「残虐な漫画を好んで読んでるから殺人を犯したんだ!」

みたいな事を言ってる人は相当アホだと思ってます
 

それがまかり通るなら俺は今頃全スポーツの大会を制覇しつつ、喧嘩も最強で囲碁も将棋も負け知らずで錬金術師で料理人で音楽化で忍者で死神で新世界の神でスタンド使いになってるよな!?

 

そんな感じ!

 

おわりっ

関連記事

【2015年版】超面白いオススメの漫画111冊をランキング形式で紹介する!
【12選】マイナーなのに面白いオススメの漫画を紹介する
【2015年版】超面白いおススメのアニメベスト40をランキング形式で紹介する