読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はヒトデ祭りだぞ!

主に勢いに任せた雑記

「短編小説の集い」を知っているだろうか

オススメの紹介
 
 僕はそれを知っている。
 ようははてな界隈で、みんなで小説を書くのを楽しもうよ! という場である。初心者でも気軽に参加する事ができ、非常に良い催しだと思う。管理者の方も頼りがいがあり、とてもしっかり運営をしてくれている。やはりこういう場、そしてそれを提供してくれる人物は創作において必須だと言える。
 
 かくいう僕も、その場に参加しようと思った事がある。確かあの時のお題は「バレンタイン」とか「お菓子」だったと思う。張りきって書いて、何とか期日までに完成させる事が出来た。しかし、いざ投稿しようとすると急に不安が襲ってきた。

「本当にこれを投稿していいのか?」
「お前の読者はそんなものを読みたいのか?」
「突然小説投稿とか、結構恥ずかしい奴じゃないか?」

 どうにも投稿ボタンを押せないまま、記事を下書きに戻してしまった。僕にとって一番大きな部分は、なんというか、「書く以上、それなりに評価されるものを出したい」と言う見栄だった。我ながら素人のクセに自惚れた発言だが、そういう考えが、「とりあえず書いた作品を投稿する」という行為を妨げた。

 しかし実際のところこれが間違えである事を僕は知っている。
 創作と言うものは、100%を目指すといつまでもそこに到達は出来ないのだ。もちろんプロなら話は別だとは思うが、始めて投稿するのであれば100%のものなど出来るはずがないのである。それを理由に公開する事を拒んでいれば、延々と足踏みを続ける事になる。
 成長したいと言う想いがあるのなら、作品は完成させ、見てもらい、評価を受けるところまでがワンセットだと僕は思う。例えバカにされるとしても、まずは読んで貰う事が大切なのだ。そうする事で得られるモノはとても多い。その評価が良いものであれ悪いものであれ、必ず少し前に進む事が出来るのだ。

 しかし、僕はつまらない見栄でそれを拒んでしまった。その事を後悔している。それでも今更当時の作品を公開しようとも思えないのもまた事実だ。何故ならその作品は、その時のこの企画のために書いたものだ。それを他の場で公開する事はどうにも違う気がする。
 それでも来年辺り、同じような時期になれば、同じようなテーマが出てくるかもしれない。そうしたら、そのまま投稿するような真似こそしないが、その作品に再び命を吹き込んでやりたいと思った。

そして

 
 今回、このような催しがあった。
 テーマは短編小説の集いについての記事。これなら、短編小説を投稿するよりも、さらにハードルが低い。僕でも気楽に投稿が出来るかもと思った。
 
 特にこういう風に書けと言う指示はなかったが、せっかくなのでこういった形の文章にしている。そもそも小説ではないし、普段の「短編小説の集い」で推奨されている三人称の文章ではないし、描写もへったくれもあったものではないのだが、そこは素人と言う事で目を溢してほしい。
 っていうか気付いたのだが、僕の書いた今までの短編は全て一人称だった。一人称は駄目だという事は書いてないが、この際三人称の勉強も始めようかなと思う。
 
 「書く事の勉強」をするの何て、いつ以来だろう。むしろ今までは感覚で書いてきた部分が大きいから、ちゃんと勉強をするのは始めてかもしれない。その事に、少しわくわくしている自分がいる。自分の好きな事のために、自分の技術を磨く。これほど楽しい事はない。
 
 そういったきっかけを与えてくれた、「短編小説の集い」に、僕は感謝をしたい。
 

novelcluster.hatenablog.jp

 
既に書いた経験がある人も、経験はないけど何かそういうの興味あるって人も
 
 
みんな参加だあああああああああああああああああ!
 
 
そんな感じ!
 
おわりっ