読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はヒトデ祭りだぞ!

Amazon、アニメ・漫画のおすすめをメインにした雑記ブログ

自動車の「自動運転」がそう遠くない未来に実現されるかもしれない

仕事
スポンサーリンク

徹底解説 ICTが創るクルマの未来【自動運転編】

自動運転って知ってる?
 
まあ読んで字の如く、車に自動で運転してもらおうってモノ
 
そんなん怖くね? 無理じゃね?
 
ってところはあるんだけど、これが割りと近い未来に実現しようとしている
今年の東京モーターショー2015でも「自動運転」は多くの企業が取り上げられていた
 
折角何で自動運転が可能になると何が良いのか、何て事をまとめておこうと思います
 
 

様々なメリット

 

・時間の有効活用

運転する必要がないので、その間好きな事が出来る
外の景色を眺めたりするのはもちろん、読書だったりテレビを見たりという事だ
 
ようは電車のような過ごし方が出来るわけだが、電車と違って個室」の空間なので
寝っ転がっても問題ないし、なんなら家庭用のゲームとかを持ちこんでも別に問題ないだろう
 
何より絶対に満員電車のような事にはならない。(道は混む可能性があるが)
 
また、自動運転が可能になれば、自分は家の前で降りて車庫に自動で駐車という事も可能になるし
逆に、家の前まで車を呼ぶ、という事も未来的には可能になってくると思われる
 
 

交流

さっきは一人の場合だったが、複数の場合でも自動運転は有効だ
運転手もコミュニケーションに参加が出来る
 
大抵の自動運転の車は自動運転モードにすると全員の座席が少し向き合うような形になり、より会話がしやすくなる
ものによっては運転席側のシートが回転し、完全に向かい合う事も出来ると言う(流石にこれはさらに先の話だが)

 

その際ハンドルとそれを繋ぐ棒(シャフト)は収納される
日産が今回のTMSで展示して紹介した奴とかこんな事になってるよ!

f:id:hitode99:20151109220334g:plain

これは手動運転→自動運転の切り替えのgif。実際に展示して動かしていた
近未来的で滅茶苦茶カッコイイ
 
これによって
 
もう運転手がトランプに参加出来ないという事もない!
 
 
 

事故率の低下

 
ここを不安に思う人も多いと思うが、現在の自動車に関する事故の9割以上は操作ミス等による「人為的な事故(ヒューマンエラー)」である
 
機械に任せる事により、必然的にそのような事故はなくなっていく
人間と違って死角もなければ体調にも左右されないし、全ての自動車がしっかりと交通ルールを守る。制限速度で走り、一時停止をし、信号を守る。これだけでも大きく事故が減ることは用意に想像出来る
 
自動運転が復旧すればするほど、事故率は下がって行くはずだ
 
とはいえ自動運転は自動車は命を預けていると言っても良い
機械の誤動作や、様々なシチュエーションの想定等、自動車業界に掲げられたハードルは高いだろう
 
 

交通渋滞の解消

より多くの車が自動運転になった前提だが、もちろん自動運転者の情報や道路状況、信号の情報などを一括で管理できれば渋滞はかなり解消される

 

また、全ての運転が最適化されることにより、燃費等も最低限に抑えることが出来るでしょう
 
 

現在でも

もう試作品が作られたりしている自動運転だが、流石に今すぐに採用! というわけにはいかない
しかし、「すぐに」可能な部分もあるのだ
 
それは「一部分だけ」自動運転するというもの
 
今でも既に車線変更を自動で行ったり、駐車を自動で行うというものが作られている
 
また、高速道路だけ自動運転というのも比較的早く出てくるだろう。各大手メーカーは2020年を目途に開発を進めている
 
このように既に多くの世界中の企業がこの自動運転に着手している
 
 
ちなみにデメリットとしては
 
・「運転をする楽しみ」の消失
・職業「ドライバー」の失業
 
等が考えられる
また超えるべき大きな壁に
・「法整備」
・「訴訟時の対応」等がある
 
 
 

まとめ

自動運転、僕が田舎者で車が必須の暮らしをしているというのもあるが、
実現すれば非常に夢のある話でわくわくする
 
しかしこれは決して実現不可能な絵空事ではない
それほどまでに、自動車業界は進化して来ている
 
今では絶対無理だと思う事でも、10年後、20年後には可能にはなるのかもしれない
自動車業界のこれからに期待したい
 
おわりっ