今日はヒトデ祭りだぞ!

Amazon、アニメ・漫画のおすすめをメインにした雑記ブログ

【ネタバレ有り】ハチワンダイバーを一気読みしたので感想

スポンサーリンク

 ハチワンダイバーって漫画を読みました

 

ハチワンダイバー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
(でかい)

 
この前書いた通り最近将棋を始めたので

hitode99.hatenablog.com

こりゃとりあえず将棋漫画を読んで強くなろうと思いまして
有名どころで、なおかつ昔途中まで読んだ事のあった「ハチワンダイバー」に手を出しました。ちなみに全35巻です。いつの間にこんなに進んでたんだ。完結してます

少し調べたら2008年の「この漫画がすごい!」で男性部門1位だったらしいですね。そんな話題になってる作品だったんだ

実写ドラマ化とかゲーム化もされたらしいです

ハチワンダイバーのあらすじ

ハチワンダイバー 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

将棋のプロになりたかったけどなれなかった主人公「菅田健太郎」が、賭け将棋でおっさんを狩る事でお金を稼いで生きていた所、滅茶苦茶強いメイドに負けて、全財産賭けてリベンジするも負けて奪われてプライドズタボロ

ちくしょー! って将棋の情熱を再度燃やす主人公

なんだかんだで拉致られて、身包み剥がされて、将棋で勝たないと帰れないよって言われて、戦っていくうちに強くなって、最終的に「お前負けたら核兵器打ち込むよ」って状況になった。地球を救えるのはお前だけだ! どうする菅田健太郎!

 

・・・・・・うん、大体合ってるな

一応wikiのあらすじも置いておきますね▼

主人公の菅田健太郎はかつてプロ棋士を目指していたが挫折し、今では賭け将棋で日銭を稼きつつ漫然とした日々を送っていた。

勝負に勝ち過ぎ対局を避けられるようになった菅田は、ある日秋葉原の凄腕棋士のウワサを聞く。秋葉原に赴いた菅田は自信満々でメガネの女真剣師「アキバの受け師」に勝負を挑むが、手も足も出ずに完敗を喫する。

プライドをズタズタにされ、その悔しさから久々に将棋への情熱を取り戻す菅田。しかし自堕落な生活で部屋は荒れ放題。片付けの為に清掃会社に派遣サービスを依頼するが、現われたのはなぜかメイド。

しかも菅田を「ご主人様」と呼ぶそのメイドこそ彼のプライドを打ち砕いた張本人、「アキバの受け師」だった。

ハチワンダイバーの感想(ネタバレ有り)

ハチワンダイバー 3 (ヤングジャンプコミックス)

まずこの漫画、結構ぶっ飛んでる

割と普通に、人死んだりする

しかも将棋で死ぬって言うなら(漫画的に)わかるけど、普通にバトルで死ぬキャラとかいる。そのキャラ将棋めちゃ強キャラなのに。何故バトルで死んだ。そこは将棋で死のうよ


つまり結構バトルする


これは

「将棋を現実に置き換えたら・・・・・・」

っていうバーチャルの話ではなくて(いやそういう部分もあるんだけど)普通に殴り合いというか、普通にバトルしてるっていうか巻によってはほとんどバトルしてたりする! 

 

いや将棋指せよ

 

人によっては「ああ、あのバトル漫画」とか言ってたりする。全巻読んだ上で否定しきれないのが辛い所だ

あと作者のフェティシズムが非常に伝わってくる

冒頭の表紙を見てくれればわかるだろう。きっとむっちりが好きなのだろう。こんな感じのキャラだらけだ 

ハチワンダイバー 31 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ハチワンダイバー 32 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ハチワンダイバー 28 (ヤングジャンプコミックス)

(見ての通り)絵柄も結構独特で、少し人を選ぶかもしれない

ただその絵柄のせいなのか、迫力のあるシーンがすごい

非常に引き込まれるし、まさに夢中になって読める。極限の中での勝負を書くのがすごい上手い。おかげで読んでいて結構カタルシスが味わえたりする

そのせいか1冊がすごい早く終わる。いやバトルしてるせいかもしれないけど

将棋知らないと面白くないんでしょ?→NO!!

ハチワンダイバー 4 (ヤングジャンプコミックス)

で、多くの人が気になってる

「でも将棋知らないと面白くないでしょ?」


ってとこなんだけど、全然そんな事ないです

ルールくらいは知ってた方が楽しいかもしれないけど、この漫画は勢いで読むみたいなところあるので、実際にやった経験がなくても普通に楽しめると思います

(もちろん経験者の方がより楽しめるとは思いますけどね! ヒカルの碁的な?)

あと真面目な顔して下ネタはかなりぶち込んできますね

苦手な人は気をつけてください。ラストバトル(負けたら核直撃)のクライマックスでもラスボス(得体の知れない系キャラ)と

 

ラスボス「お前はあの子が好きなのか? お前が好きなのはオッ○イじゃないのか?」
主人公「違う!!」
ラスボス「あの子を想う時、何を想う」
主人公「やめろォ!」

主人公「待て、1つ聞きたい。というより当然の返しだ」

主人公「お前の方こそオッ○イどうなんだ? オッ○イ嫌いか?」

主人公「答えて 貰おうか」

 

こんなのが15ページくらい続いた時はどうしようかと思った 

まとめ:ハチワンダイバー、面白いよ

ハチワンダイバー 5 (ヤングジャンプコミックス)

とまあここまで読んでいただいたらわかると想うんだけど

 

かなり滅茶苦茶な作品

 
でした

でもちゃんと(?)綺麗にまとめて完結させてるし

主人公がグングン成長していく部分とか倒した敵が味方に! とかそういう部分をきちんと外さずに王道漫画してたり、何より将棋シーンでの極限での攻防がすごい見応えがある

まあ前半がピークでは? ってところも無きにしもあらず

もし良かったら1巻だけでも読んでみてください

ちなみに全巻読破した上で、将棋の知識は何一つ得てないです!!

ただ、モチベーションが上がったのと、作中でキャラ達が使っていた戦術に興味が湧いたので、やっぱり中々良いバトル将棋漫画だったんじゃないかなぁと思います

雁木やってみてぇ。ニコ神さん超カコイイ

対局中に突然僕が「ダイブ!!」とか言っても怒らないでね

そんな感じ!

おわりっ

関連記事

【マンガ】おすすめの面白い漫画ランキングベスト111!
「アカギ」の元ネタの漫画「天」を名和了シーンと共に紹介する 
「王様の耳はオコノミミ」って言うマイナーグルメ漫画を紹介する