読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はヒトデ祭りだぞ!

主に勢いに任せた雑記

【12/12まで!】Amazonで超お得なビッグセール開催中!会場こちら!

【大阪】おもむろにオカマバー行ったんで体験レポート【ベティのマヨネーズ】

ブログのブログ ブログのブログ-オフ会 気の迷い
 
人生何があんのかわかんねぇ
 
 
いつものようにツイッターでフォロワーの皆さんにウザ絡みをでしていたところ、聞かれました
 
 
 
「今度オカマバーオフやるけど来る?」
 
 
 
オカマバーオフって何・・・・・・?
 
 
オカマ・・・・・・
僕のイメージは完全にクレヨンしんちゃん暗黒たまたま大追跡

映画 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡 [レンタル落ち]

(これの右側の禿げた三人)
 
振れば力が湧・い・て・く・る!
 
 
普通に考えたら行くわけがない。うん、そりゃ行かないよ
可愛いお姉ちゃんのいる店に行く
 
 
でもさ
 
これを逃したら僕がオカマバーに行く機会って一生無くないか?
 
そんでブログ的には滅茶苦茶おいしいのでは!?
 
って事で「行きます」って言ってたら行く事になりました
 
パーティ編成はこうなってます
 
にゃんす(猫に小判)
僕(ヒトデ祭り)
 
 
オフ会レポやんけ! って言われないように主におかまにフォーカスを当てて行きます。かなり嫌なフォーカスだ
 
 
僕の仲間は2人。ミニマリストの男女。やっぱりミニマリストともなるとチ○コを断捨離してるオカマ達は輝いて見えるのだろうか
(※ミニマリスト:色々な物を捨てて、出来るだけシンプルに生きようって考えの人の事)
 
 
目指すは大阪。ベティのマヨネーズ
マヨネーズってなんだよ意味深すぎんだろ。こえーよ。ちなみに姫姉様(モテ貯金)に教えて貰ったという話でした。何で知ってるんだろう。やっぱオカマが今熱いのだろうか
 
そして店の前。

f:id:hitode99:20151203213858j:plain

 
 
あれ、どうしよう。帰りたい
 
 
少し奥に進んでいくとコレ。
 

f:id:hitode99:20151203214035j:plain

 
 
あっ。やっべ、俺今日スイミングスクールだったわー。ごめ、俺ちょっと帰るわー
 
 
 
 

そんなわけにもいかず入店

 
予約は7時~9時。前方に大きなステージがあり8時から「ショータイム」らしい。ひえっ
 
客層は年齢層高めで、おばちゃんの集団とか、お爺さんお婆さんの集団とかもいっぱいいた。むしろ若い男性は稀だった。そりゃそうだよね。おじさんは結構いたけど
 
 
飲物は飲み放題。僕は鏡月の水割りを飲んでた。たぶん
 
そんな液体の事よりもいきなり目の前におかまが座ってそれどころじゃない
 
 
おかまって言ってもさ、もう外見は女じゃーん。みたいな。大島薫君的な感じかと思ったらね、外見もおかまでしたね
 
でもおかまトーク上手いよ。おかま場を盛り上げるよ
 
 
おかま「私ってぇ、一重フェチなのよねぇ」
 
僕(織田信也似)「ひっ」
 
おかま「お兄さんちょっとメガネ取ってみてくれなぁい?」
 
僕「はい;;」
 
おかま「あら……あらぁ……」
 
 
メガネ無いから良く見えないけど、さっきからおかまの視線僕の顔から一切動いてないよ。ガン見。間違いない。ねっとり感で見えなくてもわかる
 
 
僕「あの……」
 
 
おかま「あらぁ……」
 
 
 
助けて;;
 
 
そんでおかまもローテーションする。たまに誰もいない時とかあったけど、基本的に色々なおかまが席については5分くらい話してどっか行くの繰り返し。おかま回転寿司。色々なおかまがいる。たまにちょっと可愛い人もいる。いやそんなわけが……
 
 
そして始まるショータイム
 
 
スリラーかな?
 
って感じで見てたけど、たまに不意打ちで割と奇麗。たまに不意打ちで可愛い。いや待て、そんなはずは……
 
 
とか思ってたらお笑い系で引き戻される。結構下品系のネタだったりするけど面白い
 
汚れ役の人はトイレとかのつまりを解消する系の吸盤を両胸につけてたり最終的にスキンヘッドの頭につけてたりする。女になりたくてオカマになったはずなのに女を捨てるのか(困惑)
 

ラバーカップ ミニ

 
 
ただステージとか衣装とかすごいちゃんとしてた。あとちょっとエロティックなのもあったけどやってるのはオカマ。世間ではこれの可愛いお姉ちゃんバージョンもあるのか。なるほど。ハマる気持ちも分からんでもない。けど今踊ってるのはオカマだ。あれ? でもちょっと可愛い人も……? いやいやいや
 
 
すごい消耗して時計をチラってみるとまだ30分。故障かな? もう3時間くらいの疲労感だが? HPとMPが同時にゴリゴリ減る。やばい。なんだこれは
 
 
何だかんだ舞台は進み、ラストはママの歌
 
 
ママ、つまり店名であるベティさんは今年で還暦。60歳。そんでオカマ
 
 
 
なのに、美しい
 
 
 
いや、本当に美しかった
 
 

いつの間にか店外にいた僕

 
料金5500円。アルコール飲み放題、ちょっとしたお菓子とフルーツとショーがついてこれはかなり良心的だと思う(相場知らんけど)
ちなみにその次の部もそのまた次の部も満員御礼との事。大阪人正気かよ。おかま大人気だよ
 
 
頭の中を「オカマ=美しい?」の数式が巡る。いや、そんなはずが……
 
 
しかし最後のママの舞台を見ただろう。あれを見ても美しくないと言えるだろうか? ママは確かに美しかった。中には可愛いおかまもいた。いや、本当に可愛かったのか? それは僕の感覚がおかしくなっていただけでは? それならばそもそも美しいという定義は? ん? あれ? いやしかし、えっと、どういうことだ。あの、いや、でもオカマだし。あれ、でも。なんだ。あれ。あれあれあれ……
 
 
 
 
 
オカマは美しい
 
 
 
 
 
一生のうちに1回くらいは行っておくのもいいかもしれません
 
おわりっ