読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はヒトデ祭りだぞ!

主に勢いに任せた雑記

【12/12まで!】Amazonで超お得なビッグセール開催中!会場こちら!

【漫画】10巻前後で完結するおすすめの面白いマンガを紹介する

はてブ100以上 アニメと漫画 アニメと漫画-漫画の感想・紹介

2016/09/20:追記・修正しました

30巻も40巻も続く大長編のマンガも、3巻程度で終わる歯切りの良いマンガも良いですか、個人的には10巻前後で完結するのがマンガとして最もしっくり来ます

10巻前後で完結であれば一気読みも可能ですし、話が冗長になる事もほとんどありません。僕も好きな作品は10巻前後のモノが多いです

というわけで「10巻前後で完結する」オススメのマンガの紹介です

四月は君の嘘/新川直司 全11巻

かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。
それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。

四月は君の嘘 - Wikipedia

 中学生のピアニストとヴァイオリニストが互いの才能に共鳴し合い成長する姿を描いた作品

これがまた熱いんだ。最高に熱いんだ


「音」を失った天才ピアニスト
病弱なヴァイオリニスト
14歳の春
僕の好きなあの子は親友の事が好き
私の好きなあいつは友達の事が好き


これでもかっ! って程「青春要素」が詰め込まれている
演奏シーンは「熱く」、そしてラストは「切ない」

そして最終巻を手に取ったとき、このタイトルの意味を知るだろう

HELLSING(ヘルシング)/平野耕太 全10巻

0世紀末、英国では不可解な吸血鬼事件が頻発し、王立国教騎士団・通称「ヘルシング機関」がその対処にあたっていたが、ヘルシング本部が強襲されるなど多大な被害を受ける。一方、犬猿の仲であるヴァチカン及びその直属「イスカリオテ機関」と紆余曲折を経て協力関係を持ち、事件の黒幕が南米に逃れたナチス残党による組織「ミレニアム」だと知る。

ブラジルでの戦闘を経て、「ミレニアム」の正体が先の大戦末期にヘルシング機関が潰した「少佐」と呼ばれる男の部隊であると分かる。少佐は英国王室の会議で宣戦布告を行い、その場にいながら少佐から無視されたイスカリオテ機関は、英国とミレニアムを共に潰そうと画策する。
そして、ミレニアムは1000人の吸血鬼部隊を率いて再び英国本土を強襲、これに乗じたヴァチカン教皇庁の第九次空中機動十字軍3000人も加わり、ヘルシング機関を合わせた三つ巴の大戦争が始まる。

HELLSING - Wikipedia

吸血鬼と吸血鬼ハンターとの戦いを描いたバトルアクションマンガ

なんといってもこの作品の特徴は「平野節」と呼ばれるセリフ回し、そしてそれを喋るキャラクター達にある

もっとも有名なセリフ回しといえば「少佐の演説」であろう。せっかくなので引用するが、長いので興味がなければ飛ばしてくれ。このセリフを見て何か来るものがあるのであれば、今作品はあなたにとって最高に「合う」事を保障する

諸君 私は戦争が好きだ
諸君 私は戦争が好きだ
諸君 私は戦争が大好きだ

殲滅戦が好きだ
電撃戦が好きだ
打撃戦が好きだ
防衛戦が好きだ
包囲戦が好きだ
突破戦が好きだ
退却戦が好きだ
掃討戦が好きだ
撤退戦が好きだ

平原で 街道で
塹壕で 草原で
凍土で 砂漠で
海上で 空中で
泥中で 湿原で

この地上で行われるありとあらゆる戦争行動が大好きだ

戦列をならべた砲兵の一斉発射が轟音と共に敵陣を吹き飛ばすのが好きだ
空中高く放り上げられた敵兵が効力射でばらばらになった時など心がおどる

戦車兵の操るティーゲルの88mmが敵戦車を撃破するのが好きだ
悲鳴を上げて燃えさかる戦車から飛び出してきた敵兵をMGでなぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった

銃剣先をそろえた歩兵の横隊が敵の戦列を蹂躙するのが好きだ
恐慌状態の新兵が既に息絶えた敵兵を何度も何度も刺突している様など感動すら覚える

敗北主義の逃亡兵達を街灯上に吊るし上げていく様などはもうたまらない
泣き叫ぶ捕虜達が私の振り下ろした手の平とともに金切り声を上げるシュマイザーにばたばたと薙ぎ倒されるのも最高だ

哀れな抵抗者達が雑多な小火器で健気にも立ち上がってきたのを80cm列車砲の4.8t榴爆弾が都市区画ごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える

露助の機甲師団に滅茶苦茶にされるのが好きだ
必死に守るはずだった村々が蹂躙され女子供が犯され殺されていく様はとてもとても悲しいものだ

英米の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ
英米攻撃機に追いまわされ害虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだ

諸君 私は戦争を地獄の様な戦争を望んでいる
諸君 私に付き従う大隊戦友諸君
君達は一体何を望んでいる?

更なる戦争を望むか?
情け容赦のない糞の様な戦争を望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様な闘争を望むか?
 
『戦争! 戦争! 戦争!』
 
よろしい ならば戦争だ

 

ヘルシング 第4巻より

ちなみに戦争と書いて「クリーク」と読む

「よろしい ならばせんそうだ」は厳密に言うと間違いなので注意しよう!

他にも個性的なキャラやセリフ回しが多く、ハマる人は滅茶苦茶ハマるタイプの漫画である。OVAもあるが、個人的には圧倒的に漫画版が好きだ

最強伝説黒沢/福本伸行 全11巻

44歳の土木作業員・黒沢の、哀愁と苦難の日々を描く。

2002年12月、穴平建設に勤務する現場監督・黒沢は、ふとしたことをきっかけに、自分の人生が余りにも満ち足りていないという事実に気付き、焦りを覚え始めていた。おりしも44歳の誕生日、その日を誰にも祝って貰えなかった黒沢は「人望が欲しい」という欲求を抱き、これを機に人生を変えようと奮闘する。

紆余曲折の末、後輩らの信任を勝ち得た黒沢の元に、次から次へと新たな騒動が舞い込み、図らずも黒沢は様々な修羅場を潜り抜けてゆくこととなる。

最強伝説 黒沢 - Wikipedia

「アカギ」や「カイジ」でお馴染みの福本先生の作品

それらのマンガとの大きな違いとして、ギャンブル等の賭け事がまったく関わってこない。完全に「人間ドラマ」である

主役は若者ではなく44歳の独身の中年。それもまったく冴えない中年で、学も無ければ女にもてた事もない。腹は出ているしすぐに調子に乗るしで、正直序盤は痛々しくて見ていられない

 

そんな主人公があまりにも満ち足りていない自分の人生を悔やみ、人生を変えようと奮闘する

中盤までは「何やってんだよ……!」と言いたくなってしまうが、段々と「最強」になり、「伝説」を作っていく黒澤を、応援せずにはいられなくなる

そして最終巻の黒沢を見て、間違いなく涙するだろう

王様の耳はオコノミミ/夏海ケイ 全9巻

主人公、虎ノ宮キイチが独特のお好み焼き、新潟風で数多のライバルたちと戦っていく、熱いお好み焼きバトルを描く。

王様の耳はオコノミミ - Wikipedia

急にマイナーだけど、個人的に非常に好きなので
結構バカなノリの「お好み焼き限定」グルメ漫画

主人公は「お好み焼きの声」が聞こえて、割と序盤から「お好み焼きと会話」したりする。中々ぶっ飛んでる

ぶっちゃけ他の作品よりは劣るけど、良かったら1巻だけでも手に取ってみてください個別紹介記事こちら

「王様の耳はオコノミミ」って言うマイナーグルメ漫画を紹介する - 今日はヒトデ祭りだぞ! 

寄生獣/岩明均 全10巻

ある日突然、空から人知れず多数の正体不明の生物が飛来する。その生物は鼻腔や耳介から人間の頭に侵入し、脳を含めた頭部全体と置き換わる形で寄生して全身を支配し、超人的な戦闘能力で他の人間を捕食するという性質を持っていた。寄生後の頭部はもはや人間の物ではないが、自在に変形して人間そっくりに擬態する。彼ら「パラサイト(寄生生物)」は高い学習能力で急速に知識や言葉を獲得し、人間社会に紛れ込んでいった。

寄生獣 - Wikipedia

これを上げずにはいられない
宇宙から来た謎の寄生生物と共生する事になった少年の話


人間の頭に寄生して人間を食べる「寄生生物」

最初は捕食されるだけだったが、徐々に反撃に転ずる「人間」
そして、その中間点として、右腕だけ寄生をされたもののそのまま共生している「人間の主人公と寄生生物」


という3者によって物語は進んでいく

もう漫画好きなら読んでおけよってとこある。古い作品だけど、今読んでも全然面白い。テーマ性も高く、展開にも意外性がある

何故か最近アニメ化、実写映画化もしてた。ミギーがまさかの平野綾(結構合ってた)

何回でも書くけど広川の演説シーンが鳥肌モノ。タイトルが上手いと言わざるを得ない

風の谷のナウシカ/宮崎駿 全7巻

文明を崩壊させた「火の7日間」という最終戦争から1000年、激しく汚染された大地に異形の生態系(巨大な菌類の森「腐海」や、腐海を守る「蟲」と呼ばれる巨大昆虫たち)が出現し、日々範囲拡大する腐海の放つ瘴気毒に人々が怯える荒廃した世界が描かれている。

この世界に存在する、トルメキアと土鬼(ドルク)という敵対する二大列強国と、その辺境地にあるトルメキアの同盟国「風の谷」および、工業都市ペジテ市が主な舞台となっている。風の谷の族長であるジルは腐海の毒に侵されて病床にあり、父の代理で国を治める16才の娘「ナウシカ」が主人公である。

風の谷のナウシカ - Wikipedia

説明不要! っていうかぶっちゃけ壮大過ぎてあらすじすら描けない

作品自体を知らない。って人はそうそういないこの作品。映画も面白いですが、漫画も滅茶苦茶面白いんです

っていうかさ、小さい時にこの作品見た時

「何か蟲すげえ」

「何か巨大ムックみたいな奴つええ」

的な感想じゃなかったですか? 今思い返すとストーリーとかよくわかってなかったですよね、たぶん
漫画版だと世界観だとか話の流れがよくわかるんで、そういう人にもオススメしたいです

古い作品ではあるんで、絵柄も見にくいと感じてしまうかもですが、それをモノともしないだけの力がこの作品にはある! これも「漫画好き」にこそオススメです 

ARIA/天野こずえ 全12巻

物語は、惑星マンホーム(地球)から来た少女、水無灯里(みずなし あかり)の視点で語られる。灯里はウンディーネとなるために、人間一人、猫一匹の小さなゴンドラ観光会社「ARIAカンパニー」(アリア―)に入社する。この都市の観光会社には航海の安全を祈願するために青い瞳の猫を象徴にするという風習があり、ARIAカンパニーでは火星猫のアリアを社長にしている。アリアは作品のマスコット的存在ともなっている。

経営者で先輩のアリシアは業界一の成績を持つウンディーネであり、灯里はその優しい指導の下で成長していく。

ARIA (漫画) - Wikipedia

ほっこりしたいあなたに

心が浄化される系の作品。世界観等も素晴らしいし、とにかく「綺麗」それに尽きる。心洗われます

f:id:hitode99:20160920221034j:plain

日常ほのぼの系の作品との差別箇所として、ちゃんとストーリーもあって、キャラクターの成長等も描写しているのが良いですね

感情移入するとちょっと泣けちゃいます

お茶にごす。/西森博之 全11巻

 中学時代、最強の不良・“悪魔(デビル)まークン”として喧嘩ばかりの日々を送っていた船橋雅矢は、高校入学を機に暴力の道から抜け出し、平穏に暮らしたいと願う。そんな中、茶道部に勧誘された雅矢は、部長・姉崎奈緒美の心の広さに興味を持ち、入部を決意する。こうして雅矢の脱不良計画が始まるも、過去の悪名からそれは前途多難であった。

お茶にごす。 - Wikipedia

「今日から俺は!!」や「天使な小生意気」で有名な西森先生の作品

例の如く最強の不良が主人公

そんな主人公が暴力の道から抜け出し、平穏に暮らしたいと願う過程で「茶道部」に入部する事になる。こうして主人公の「脱不良」が始まるも、今までの悪名から前途多難だ。といった作品

f:id:hitode99:20160920221049j:plain

不良×茶道という組み合わせはギャップがあって非常に上手い

基本的にはギャグで、たまにカッコイイ。この辺は今日から俺は!! に近いものを感じる あと意外と恋愛方面にも力が入ってたりする。特に主人公の心情の変化は見ていて面白い

セクシーコマンド外伝スゴイよ!!マサルさん/ うすた京介 全7巻

わかめ高校の空手部に謎の格闘技「セクシーコマンドー」の使い手として現れた主人公・花中島マサルと、奇妙で癖のあるセクシーコマンドー部のメンバーを中心に展開されるシュールなギャグ漫画。本伝がないのにいきなり「セクシーコマンドー外伝」というタイトルで、独特の視点からの支離滅裂なギャグを展開していく。

セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん - Wikipedia

全てにおいてぶっ飛んでる漫画

シュール系の先駆けですな。意外と女の子が可愛いのが侮れない

基本的に意味がわからない。でもそれがいい、というタイプの漫画。合わない人には全く合わないが、ツボにはまる人も多数いる。あとアニメのOPがとても良い

イエスタデイをうたって/冬目景 全11巻

大学を卒業したものの職に就くことなく、フリーターとして特に目標もないまま過ごしているリクオ。そんなある日、カラスを連れた黒ずくめの少女・ハルが現れる。彼女の破天荒な振る舞いに戸惑う中、リクオはかつての想い人・榀子が東京に戻ってきたことを知る。


18年も連載していて去年(2015年)にようやく完結した。昔の作品と言ってもいいのだろうか

恋愛がメインなんだけど、読んでるとどんどん女の子が可愛く見えてくる

大学卒業後というちょっと珍しい設定だけど青春な漫画

三角関係、四角関係と、結構ドロドロした黒い展開も多し。だがそこが良い

エルフェンリート/岡本倫 全12巻

側頭部の対となる2本の角とベクターと呼ばれる特殊な能力を持つ女性型ミュータント・二觭人(ディクロニウス、觭は「角奇」)。彼女らは人類を淘汰する可能性を持つとされ、離島の国立生態科学研究所に国家レベルでの極秘機密として隔離され、研究されている。

ある日、偶発的な事故によって研究所に隔離されていたディクロニウスの少女・ルーシーは、拘束を破って警備員と研究所室長・蔵間の秘書・如月を殺害し、研究所からの脱走を試みる。海に飛び込む直前に頭部を対戦車用徹甲弾で撃たれるも幸い軽傷で済んだルーシーは、そのまま海へ投げ出される。

一方、大学に通うために親戚を頼って鎌倉にやってきた青年・コウタはいとこのユカと共に由比ヶ浜を訪れた際、そこで浜辺に佇む全裸の少女を見つける。その少女は、海へ投げ出された後に由比ヶ浜に流れ着いたルーシーだった。

ルーシーは頭部への銃撃が元で記憶を失った上、人格が分裂して全く別の人格が発現していた。「にゅうにゅう」としかしゃべれなくなった彼女をにゅうと名付けたコウタとユカは、彼女が人類を滅亡させる存在であることを知らないまま、コウタが住むことになる楓荘に連れて行き、一緒に暮らすことになる。

 

エルフェンリート - Wikipedia

こちらでも紹介した作品

【閲覧注意】理不尽、不条理に人が死にまくるタイプの漫画を10作品紹介する

結構エグいので気をつけて欲しい。割と人が死にまくる

上記の記事にも書いたが、アニメ版がその残虐性がウケて外国で非常に人気らしい。かなり要注意な作品。しかし多くのファンがいるのもまた事実

絵柄が少し独特なので好みが別れるかもしれないが、一見の価値有り

ぼくらの/鬼頭 莫宏 全11巻

夏休みに自然学校に参加した少年少女15人は、海岸沿いの洞窟でココペリと名乗る謎の男に出会う。子供達は「自分の作ったゲームをしないか」とココペリに誘われる。
ゲームの内容は、「子供達が無敵の巨大ロボットを操縦し、地球を襲う巨大な敵を倒して地球を守る」というもの。兄のウシロに止められたカナを除く14人は、ただのコンピュータゲームだと思い、ココペリと契約を結ぶ。

その晩、黒い巨大なロボットと敵が出現する。ロボットの中のコックピットに転送された子供達15人の前には、ココペリと、コエムシと名乗る口の悪いマスコットが待っていた。これが黒いロボット・ジアースの最初の戦いであった。戦闘を重ねるにつれ、子供達はゲームの真の意味を目の当たりにすることになる。

ぼくらの - Wikipedia

同じく上記の記事でも紹介したが名作なので。アニメで知っている人も多いかもしれない。「アンインストール」がOPとして非常に名曲です

漫画版も非常にオススメ
ハートフルだと思ったらハートフルボッコにされた。座布団ンンンンンン!!

普通の少年少女達が死の間際という極地に立たされた時の表現は凄まじいものがある。皆カッコイイ

ノノノノ/岡本倫 全13巻 

スポーツ雑誌記者の与田は、スキージャンプの有望選手である加東の取材をするために、加東が練習する妙高へ。

そこに現れた巨大なオーラを纏う謎の少年。少年は、加東をとてつもない飛距離、バッケンレコード(ジャンプ台記録)で圧倒する。未来の金メダル候補の出現に驚き喜ぶ与田。色めき立つ関係者。突如現れた無名の天才ジャンパー。しかし、その少年には更に驚くべき秘密が…

それは少年が実は少女「ノノ」であること。

「オリンピックスキージャンプ競技は男しか出場できない」……(女であることを隠すしかない)

男として振舞わなくてはいけない苦悩。サポートしてくれる周囲の思いやり。同じ目標を持つライバル達との友情。それらをすべて背負い込み、糧としながらノノは成長する。

ノノノノ - Wikipedia

上記の「エルフェンリート」と同じ作者

しかし打って変わってスポーツ物。いわゆるグロとかは無い

普通に熱くて好きだ

スキージャンプ物の時点で珍しいけど、一番のポイントは主人公が実は女という点。その設定を上手いこと使ってるんだけど、何気に途中で「女だとバラされたく無かったらゲッヘッヘ」的な展開もあるので、そういうの好きな男子はさり気なくチェックだ!

普通に漫画としても面白いからそういうの興味ない人も是非読んでみてください

あとこの画像で有名

f:id:hitode99:20160920221307j:plain

ハチミツとクローバー/羽海野チカ 全10巻

美術大学を舞台に、いわゆる「青春群像劇」を、ハイテンションなエピソードや静かな感動シーンを通じてとらえていく。恋愛に不器用な大学生達の報われない恋模様や、自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描いている。

ハチミツとクローバー - Wikipedia

舞台は美術大学での男性3人、女性2人の学生達の恋愛やそれぞれの将来への悩み。それらが絡み合って巻を追うごとに面白くなっていきます

シリアスな場面だけではなく、コミカルな要素もたくさん!

しかし楽しいことには終わりが有る。ハイテンションながらも、最後にはせつない

少女マンガながらも男性が読んでも楽しい作品

ウサギドロップ/宇仁田ゆみ 全9巻(+番外編1巻)

祖父の訃報で訪れた祖父の家で、30歳の独身男、河地大吉(ダイキチ)は一人の少女と出会う。
その少女、鹿賀りんは祖父の隠し子であった。望まれぬ子であったりんを施設に入れようと言う親族の意見に反発したダイキチは、りんを自分が引き取り育てると言った。こうして、不器用な男としっかり者の少女との共同生活が始まる。

うさぎドロップ - Wikipedia

 

滅茶苦茶ほっこりする!!

うっかり娘が欲しくなってしまう。そんであらすじ見てもらうとわかると思うんだけど、結構重いテーマでもあるから泣けてしまう

家族としての絆を強めていく仮定に涙
めっちゃおすすめです

Kindle版は現在(2016/07/21)全巻半額になってるんで是非

惑星のさみだれ/水上悟志 全10巻


「時は止まらない! 意思も変えられない! だからすべて今日」

 

「君が好きだ!君を救いたい!意思は変わらない、あの時から」

 

「終わらせる!」

 

「僕が、僕がついてる」

 

「地球のかわりに僕がいく。僕の最期をキミに捧げる。だから一緒に生きて、一緒に死のう」

漫画『惑星のさみだれ』をネタバレ無しで全力で紹介する - 今日はヒトデ祭りだぞ!

 

まとめ


というわけで、「10巻前後」で完結するおすすめのマンガ紹介でした
やはりこの辺りは名作が多い気がする

どれもオススメなんですが、個人的にはやはり「惑星のさみだれ」を推したい。本当に名作なんだ、これが。読んだことない人は是非読んでみてください

また、あれが入ってない! と思う作品があれば是非コメント等で教えてください

そんな感じ!

おわりっ

関連記事

もっとおすすめ漫画を知りたい方はこの記事!

超面白いおすすめの漫画111冊をランキング形式で紹介する!
【14選】マイナーなのに面白いオススメの漫画を紹介する
【おすすめ!】五巻以内完結で面白い漫画を紹介する!【15選】

無料でゲームや漫画を楽しみたい方はこの記事!

【全部無料!】スマホの面白いおすすめゲームアプリを紹介!←おすすめ!
【20選】おすすめの無料漫画アプリランキング!人気作品が読み放題!【iPhone・Android】