読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はヒトデ祭りだぞ!

主に勢いに任せた雑記

【12/12まで!】Amazonで超お得なビッグセール開催中!会場こちら!

VS世の中 早起きの社畜編

ネタ 気の迷い はてブ100以上

 

カーンッ

 

「おおっと、ヒトデ選手、開幕のゴングと同時に前へ飛び出しました。グイグイ攻めていきます。積極的に主導権を取ろうという姿勢が伺えます。解説の前園さん、この動き、どう思いますか?」

「前日に「朝5時起床で人生は全て上手くいく!」を読んだとの事です」

「なるほど、それでこの気合い! 流石に1日目は実行出来たようです。素早く朝の支度をして……あーーっと! ここでいつもよりも1時間半も早く家を出たぞ! どうする気だ!?」

「早期に出社して仕事をするようなタイプではないはずです。これは、何か狙っていますね・・・・・・」

「なるほど。確かに入社前インタビューでも
「会社に対して恩義もクソもない。金をくれるから働く。くれないなら働かない」
と吐き捨てておりました!」

「そのセリフは1人前に働けるようになってから言わないとカッコ悪いですね」

おおっとーー!! ここでいつもと道を変えたぞ! これは……喫茶店! 喫茶店です!! ヒトデ選手、何と喫茶店に入りました!!」

「なるほど。早く起きた時間を優雅なブレイクタイムに使う事で、さらに自らの意識を高めようという作戦ですね。本人にも上手くハマっているようです」

おおっとーー!! ここでヒトデ選手、無駄にコーヒーを一嗅ぎして、満足げに目を細めて息を吐いたァ! 一体どこを見ているのでしょうか! 右上! 右上を見ています! しかしそこには何も無ーーい!」

「浸ってますね……、完全に「朝の優雅な一時を楽しむオレ」に浸っています……」

「さらにスマホで写真を一枚。同時にツイッターに投稿だーーーー!!」

「ツイート内容の確認! 急いでください」

「ツイート内容来ました!

「俺、意識高過ぎワロタw」

です!! どうやら朝から喫茶店に入る自分をシェアしたかったものの、恥ずかしさもあったため、ネタにする事で
「いや、本当に意識高いわけじゃないからね?」
とアピールを入れたようです! これには流石のレフリーも苦笑い!」

「それなら投稿しなければ良いのに。どうしても特別な自分をアピールしたかったようです。単芝も減点ポイントです」

「結局そのままツイッターで時間を消耗して出社時間です!!」

何のために来たのかーー!! ただコーヒーを飲みながらツイッターをしていただけです! しかし本人はどこか満足な表情!! 勘違いするな! 何もしていないぞーー!!」

カーンッ

 

「ここでゴングです! 第1R終了ーー! 本人はまだ出社すらしていません!」


第2Rへ続く(続けない)