今日はヒトデ祭りだぞ!

Amazon、アニメ・漫画のおすすめをメインにした雑記ブログ

Fireタブレットの選び方!3種類あるけどおすすめはどれ?比較してまとめました

スポンサーリンク

f:id:hitode99:20170514222853j:plain
2017/06/07:情報更新しました

以前Kindleの比較記事を書いたのだけど、その際に

「Fireタブレットの記事も書いてほしい!」

という声があがったので、出来る限りわかりやすく書こうと思います!

個人的なFireタブレットの評価は

Amazonプライムに入会しているのであれば、間違いなく「買い」です(Amazonプライムの解説は後述)

また、先に結論を書くと、全ての種類のうち

 

Fire HD 8

 

がコスパ最強です

それでは見ていきましょう

 

※2017/6/7に「Fire」「FireHD8」にNewモデルが発売します! その情報も追記していきます!

 

Fireタブレットにはどんな種類があるの?

というわけでまずはここから!

Kindleにも5種類あったように、Fireタブレットも3つの種類があります

f:id:hitode99:20170514215051p:plain

  • Fire(Fire7)
  • FireHD8
  • FireHD10

の3種類!

これに容量の違いで

f:id:hitode99:20170514215806p:plain

  • Fire(8G/16G)
  • FireHD8(16G/32G)
  • FireHD10(16G/32G/64G)

となり、全7パターンです

(※2017年6月7日より、FireがFire7という名前でNewモデルになりました。基本的には同じです)

 

とりあえず先にFireタブレットの価格だけ比較

価格で比較するとこうなっています

  • Fire:7,980円(プライム会員は3,980円で購入可)
  • Fire HD 8:11,980円(プライム会員は8,980円で購入可)
  • Fire HD 10:29,980円

※ FireのNewモデル「Fire7」は1000円高くなります

それでは悩んでいる人のために、比較していきます 

3種類共通:容量(ストレージ)について

3種類全部に2つの容量サイズがあると書きました

f:id:hitode99:20170514215806p:plain

  • Fire(8G/16G)
  • FireHD8(16G/32G)
  • FireHD10(16G/32G)

Fireは端末にアニメや映画を落とせるのですが、そうなってくると容量が中途半端です

というわけで、がっつり端末に電子書籍やアニメや映画を落として楽しみたい! 

という人には

マイクロSDの別途購入

をおすすめしています

Fireタブレットは最大200GまでのSDカードをさせるようになっています

f:id:hitode99:20170514220610p:plain

そして、Amazonなら64GのマイクロSDを4000円くらいで買えます

SDは安いものもたくさんあるけど、個人的にはAmazon公式のものが動作確認もされているので安心出来ておすすめです

もちろん

「端末にそんなに落とすかわからん!」

って人はすぐに買わなくても良いですよ!

3種類共通:カメラについて

f:id:hitode99:20170514220854p:plain

Fireタブレットには全てカメラがついているのですが、正直これにはあまり期待しないでください

普通に撮れますが、おそらく手元のスマホの方がクオリティが高いかと思われます

一応Fire10だけスペックが高いですが、まあ使う事はそう無いでしょう。デカいし!

まずFireHDの「HD」って何?

f:id:hitode99:20170322201434p:plain

3種類のFireタブレット

  • Fire(Fire7)
  • FireHD8
  • FireHD10

ってあるけど

そもそも「HD」ってなんやねん! わけわからん!

って人も多いかと思います(僕は思った)

これはようするに

「フルHDディスプレイを搭載」

という意味で、つまり

画質がめっちゃ良いよ! 

という事です!

※厳密には1920×1080ドットのディスプレイのことを指す言葉

じゃあ「Fire」と「FireHD」の違いは画質だけなの? というとそうでも無いのです

画質以外のスペックにも大きく違いがあるので、見ていきましょう

Fireタブレットのスペックをわかりやすく比較

f:id:hitode99:20170514215051p:plain

それでは3種類それぞれの

  • 他2種より優れている点
  • 逆に劣っている点

に特に着目して見ていきましょう

Fire(Fire7)

Fire タブレット 16GB、ブラック

まずは何も書いてない普通の「Fire」タブレット(NewモデルはFire7)

他2種類の端末と比べて、Fireが優れている点は

「大きさ・軽さ」

「安さ」

です

f:id:hitode99:20170514221714p:plain

大きさ:191mm × 115mm × 10.6mm(Fire7は192 x 115 x 9.6mm)

軽さ:313g(Fire7は295g)

と共に3種の中で最軽量。価格も最も安いです

しかし、逆に言うとそれ以外に勝ってる所はありません

個人的に大きいのは

  • スピーカーの性能
  • 画面の綺麗さ

で他二種に大きく劣っている事

f:id:hitode99:20170514222226p:plain

特にスピーカーはモノラル(1つしかついて無い)で、しかも背面にあるのでそのまま使うと中々しょぼい音になります

(HD8HD10はデュアルスピーカーかつ側面についてる)

また、CPU性能も決して高いとは言えません

複数のアプリを同時起動とかは厳しいですし、やはりたまに動作の重さが気になります

とはいえ普通に動画を見たりするくらいなら全然余裕なスペックではあります

っていうかこのタブレット、プライム会員だと

 

4980円

 

で買えますからね……。いくらなんでも安すぎる

「とりあえず最低限で良いからタブレットが欲しい」

「安さこそが正義!」

という人はこちらをどうぞ

 

※6/7に新モデルとして「Fire」→「Fire7」として生まれ変わりました! 

値段が1000円上がった代わりに薄く・軽くなって、バッテリーの時間も1時間延びました! あとのスペックは全く同じです

旧モデルですが、個別の感想記事もあります▼
AmazonのFireタブレットを3ヶ月実際に使ってみた感想  

FireHD8

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

個人的に一番のおすすめはこれ! Newモデルが出ましたが、俄然としておすすめです!

なんといってもコスパが最強

まずは大きさと軽さ

f:id:hitode99:20170514222658p:plain

大きさ:214mm x 128mm x 9.2mm(Newモデルは214 x 128 x 9.7mm)

軽さ:341グラム(Newモデルは369g)

と十分な小ささ

ちなみに片手で扱えるのはここまでで、FireHD10は片手だと大きくてちょっと厳しいです

「手軽なサイズ」を求めるのであればFireかFireHD8の2択です

そしてFireに加えて

 

  • スピーカーの性能アップ
  • 画面の綺麗さアップ
  • バッテリー時間アップ

 

とFireの気になる部分や弱点を完全に消した形になります

またHD8はバッテリーも優れていて、3種類を比べると

 

f:id:hitode99:20170514222752p:plain

  • Fire 7時間
  • FireHD8 12時間
  • FireHD10 8時間

とHD8が圧勝です

Fireとは7000円の価格差がありますが、それ以上の価値は間違いなくありますよ

僕は一番安いFireを持っていて

 

「まあ、4000円くらいならこんなもんだよね」

 

と思っていたのですが

友人のFireHD8を見て

 

「え、それめっちゃ良いじゃん……」

 

って後悔しました

結構明確に違いますよ。サクサク動く感と音の違いは間違いなく実感出来ます

僕が今新しく買うなら絶対FireHD8を選びます

っていうかFireから4000円アップしても11,980円で、後述するプライム会員になると7,980円で買えるのが滅茶苦茶ヤバイです

普通のFireがあまりにも安いせいで高く感じますが、このクオリティのタブレットが1万円を大きく下回るて偉い事ですよ! 

他のタブレット売れなくなるんじゃないか??

特にプライム会員になった方ならマジで買って損は無いのでおすすめです

最後はこちら

サイズが大きくなり、重さも増します

f:id:hitode99:20170514224058p:plain

大きさ:262mm × 159mm × 7.7mm

重さ:432g

大きさ重さ共に結構大きくなります

持ち運びという意味ではデメリットですが、動画等を楽しむ事を考えたら画面の大きさはメリットです

ただ寝っ転がってKindle(電子書籍)とかを読むと尋常じゃなく腕が疲れるんで、そういった用途にはおすすめしません

基本的に机やスタンドに置いて使用することを推奨します

FireHD8と比較すると、他にも

  • CPU(プロセッサ)
  • カメラ

が高性能になっています

f:id:hitode99:20170514224552p:plain

また、カラーバリエーションが

  • ブラック
  • ホワイト
  • シルバー

と3種類あるのもFireHD10のみですね

ただネックなのが価格で、3万円近くします

そして、HD10には他2機種にあったプライム割引もありません

僕がFireタブレットを推す大きな理由の1つに

 

圧倒的なコストパフォーマンスの良さ

 

があるため、ここまで価格が上がってくると他のタブレットの購入も視野に入って来るかなぁと思います

とはいえ持ち運び可能で、大きくて綺麗な画面で映画等を見られるというメリットもあるため

金銭面はそこまで気にしない! とにかくスペック重視! 

という人にはおすすめです

まとめ:結局Fireタブレットはどれを買えば良いんだ!

f:id:hitode99:20170514222853j:plain

(ちなみに画像はFireです。HD8買えば良かった・・・・・・)

  • 万能でコスパ的最強なのがFireHD8
  • スペックが落ちても価格や小ささ重視ならFire
  • 値段が高くてもスペックや大きさを追い求めるならFireHD10

個人的には初めに書いた通り

この組み合わせが最強の布陣です

特にアマゾンプライムに入っていると滅茶苦茶捗るんで、プライム会員の方は是非Fireタブレット購入の参考に役立ててください(プライム会員については後述)

そんな感じ!

おわりっ

Fireタブレットを定価の4000円引きで購入する方法!

f:id:hitode99:20170403223151j:plain

Fireタブレット良いじゃん、買おうかなって思った方、ちょっと待ってください!

記事内でも言ってきた通り

Amazonプライムというサービスに会員登録を行うと、Fire7とFireHD8の2種類は

 

さらに4000円引きで購入できます!

 

(既に会員の方も、もちろん4000円引きで購入できます) 

この4000円の割引は本当に大きいです

Amazonプライムは年会費が3900円(月額約330円)なので、実質1年間分無料で(100円貰って)Amazonプライムの特典を受ける事が出来ます

そもそもAmazonプライムってなんだよ!

という人のために説明すると、Amazonプライムは

  • 映画やアニメが見放題
  • 音楽が聞き放題
  • 毎月1冊Kindle本が無料で読める
  • お急ぎ便、時間指定が無料

と、かなり優良なサービスです。(しかもこれでサービスの一部です)

中途の解約も自由、無料お試しも30日間用意されています

特にFireタブレット購入者にとって嬉しい点は

  • 映画やアニメが見放題
  • Kindle本月一冊無料(=1年で12冊の本が無料で読める)

という特典です

映画やアニメについては、そのままでも見られますし、端末に一度DLする事も出来ます

ネット環境が無いところや、回線速度が良くない所でも、通信制限を気にせず映像作品を楽しむ事が可能です

また、Kindle本ですが、Kindle端末だけでは無くてここで紹介してきたFireタブレットでも読む事が可能です

例えば1000円の本を毎月読むだけでも1000円×12ヶ月で12000円もお得です

この時点で100%元が取れるのに、さらに端末が4000円引きと、完全に入っておかないと損なレベル

他のメリットは多過ぎてここには書き切れないので、こちらの記事にまとめています

解約方法も含めてまとめてあるので良かったらチェックしてみてください

 

 

ちなみに無料体験から始めても、無料体験終了後、有料会員になったタイミングで4000円分のAmazonギフトカードが貰えるので、無料会員登録で様子を見てみるのも良いでしょう

そんなの良いからとりあえず入る!って人はこちらからどうぞ

 

Amazonプライム会員登録・無料体験の詳細はこちら

 

もちろんプライム会員にならずにそのままFireタブレットを楽しみのも良いと思います! 

しかし、個人的にはFireタブレットを買うなら間違い無く入って損は無いサービスなので、是非詳細だけでも見てみてください!

そんな感じ!

おわりっ

www.hitode-festival.com

www.hitode-festival.com