Amazon

Fire TVの正しい選び方とおすすめ機種を全3機種比較しながら紹介する

  • Fire TVが欲しいけど、どれを選べばいいのかな?
  • 4K対応の方がやっぱりおすすめなのかな?
  • リアルなレビューを知りたい!

そんなあなたのためにこの記事では、

  • Fire TVでできること
  • Fire TVの正しい選び方
  • あなたにぴったりのおすすめ機種

を紹介していきたいと思います。

ヒトデ君
ヒトデ君
基本的には「Fire TV Stick」で十分だよ!

でも4K対応のテレビやモニターで視聴を考えているなら、「Fire TV Stick 4K」がおすすめ!

Fire TVシリーズでできること

「Fire TV」とは、Amazonが販売している映像出力機です。

テレビに接続することで、

  • Amazonプライムビデオ※1
  • Hulu※2
  • NetFlix※2
  • dTV※2
  • DAZN※2
  • Disney DELUXE※2
  • AbemaTV
  • Youtube
  • TVer

※1…視聴にはAmazonプライム会員の登録が必要
※2…視聴には各サービス有料会員登録が必要

などの動画配信サービスが楽しめます。

その他にも、ブラウザアプリをインストールすることでネットが楽しめたり、ゲームアプリでゲームも楽しめます。

ヒトデ君
ヒトデ君
Amazonプライム会員なら必須のアイテムだねっ
【2020年版】Amazonプライム会員がお得!特典・メリット・デメリットを分かりやすく紹介!2018/5/7 内容更新。 Amazonのプライム会員が月額410円なのに、滅茶苦茶お得なので、そのメリットを『全て』『わかりやすく』紹介します。無料体験も有り。退会方法も同時に紹介。...

Fire TVの正しい選び方

Fire TVの正しい選び方を簡単にまとめると、

  • コスパを重視している人 → Fire TV Stick
  • 4K対応のテレビ、モニターで視聴する人 → Fire TV Stick 4K
  • 高機能かつアレクサ(音声操作)を使いたい人 → Fire TV Cube

こんな感じです。

基本的には、「Fire TV Stick」で十分です。

しかし、4K対応のテレビを持っている方は、「Fire TV Stick 4K」、「Fire TV Cube」だと高画質な4Kで動画を視聴できるのでおすすめです。

ヒトデ君
ヒトデ君
Amazonプライムビデオは、4K対応の映画やアニメ、ドラマが結構あるから「Fire TV Stick 4K」がおすすめだよ〜

次の章では、それぞれのスペックを詳細に比較していきたいと思います。

Fire TVの簡易比較表

Fire TVシリーズのスペックを比較するとこんな感じです。

機種名Fire TV StickFire TV Stick 4KFire TV Cube
価格4,980円6,980円14,980円
映像最大1080p (HD)4K Ultra HD、HDR、HDR10、
Dolby Vision、HLG、HDR10+
4K Ultra HD、HDR、HDR10、
Dolby Vision、HLG、HDR10+
ハンズフリー操作××
リモコンマイク操作
プロセッサクアッドコアクアッドコアヘキサコア
ストレージ8GB8GB16GB
オーディオDolby AudioDolby AtmosDolby Atmos
内蔵スピーカー××
イーサネットアダプタ別売別売同梱
サイズ85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm99 mm x 30 mm x14 mm86.1 mm x 86.1 mm x 76.9 mm
重量32.0g53.6g465g

細かい仕様を見てもピンとこないと思います。

これらの違いはズバリ、

  • 映像の質
  • オーディオの質
  • 処理能力

この3つです。

これらは

「Fire TV Stick」 → 「Fire TV Stick 4K」 → 「Fire TV Cube」

の順番で徐々に高くなっていきます。

ヒトデ君
ヒトデ君
「Fire TV Cube」だとハンズフリーで音声操作も可能になるよ!

プロセッサもヘキサコアになるから、サクサク動くのもメリット!

考え方としては、

  • とりあえずテレビでプライムビデオが視聴できれば良い人は「Fire TV Stick」
  • 4K対応の高画質動画を見たいのであれば「Fire TV Stick 4K」以上
  • より操作性の高い、高機能かつ高性能ななモデルが欲しければ「Fire TV Cube」

こう言う感じで選択すると良いでしょう。

「Fire TV Stick」はコスパ重視の方におすすめ

価格4,980円
映像最大1080p (HD)
プロセッサクアッドコア
ストレージ8GB
オーディオDolby Audio
サイズ85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm
重量32.0g

「Fire TV Stick」はFire TVのエントリーモデルとしては最適な機種です。

値段も4,980円ととても安く、これがあればプライムビデオなどの動画視聴は可能です。

4K対応テレビやモニターで視聴しないのであれば性能としては十分です。

ヒトデ君
ヒトデ君
とりあえずプライムビデオなどのVODをテレビで観たいと言う方にはおすすめの機種だよ〜

リモコンについているマイクで、音声操作も可能!

AmazonのFireTV スティック買ったら滅茶苦茶良かったので紹介!!先日プライムデーで安くなってたのでFiretvスティックを買いました 実物こんなの! 開封式とかは省くよ! めんどくさいよ! ...

「Fire TV Stick 4K」は4K対応のテレビを持っている方におすすめ

価格6,980円
映像4K Ultra HD、HDR、HDR10、
Dolby Vision、HLG、HDR10+
プロセッサクアッドコア
ストレージ8GB
オーディオDolby Atoms
サイズ99 mm x 30 mm x14 mm
重量53.6g

「Fire TV Stick 4K」は高画質な映像で動画視聴を楽しみたい方におすすめです。

4K対応テレビや映像出力用モニターを持っている方はこちらのタイプだと最大限に楽しむことができます。

ヒトデ君
ヒトデ君
鮮明な映像、臨場感あふれるサウンドを楽しみたい方にはおすすめの機種だよ!

「Fire TV Cube」はハンズフリー操作をしたい人におすすめ

価格14,980円
映像4K Ultra HD、HDR、HDR10、
Dolby Vision、HLG、HDR10+
プロセッサヘキサコア
ストレージ16GB
オーディオDolby Atoms
ハンズフリー操作
イーサネットアダプタ同梱
サイズ86.1 mm x 86.1 mm x 76.9 mm
重量465g

「Fire TV Cube」Amazon Fire TVシリーズ史上最もパワフルで高性能です。

プロセッサ(CPU)がヘキサコアなので、Fire TV Stickシリーズよりも高速機動です。

ヒトデ君
ヒトデ君
タイムラグが少なく、お気に入りの映画や動画がすぐに楽しめるよ〜!

また、ハンズフリー機能も搭載しているので、本体に、

「アレクサ、〇〇して」

と言うだけで電源のオンオフ、アプリの操作ができてしまいます。

ヒトデ君
ヒトデ君
スピーカーも搭載されているので、天気予報やラジオ聴けるよ〜!

また直接LANケーブルを挿せる、イーサネットも搭載。

無線LAN(WiFi)よりも高速通信で途中で映像が止まることも少ないです。

ヒトデ君
ヒトデ君
無線のネット環境が悪いと言う方には、Fire TV Cubeのようなタイプがおすすめかな!

とにかく高機能、高性能な機種なので、これを買っておけば、快適に映画や動画が楽しめることは間違い無いです。

まとめ:自分の利用環境を考慮してFire TVの機種を選ぶのがおすすめ

まとめると、

  • コスパを重視している人 → Fire TV Stick
  • 4K対応のテレビ、モニターで視聴する人 → Fire TV Stick 4K
  • 高機能かつアレクサ(音声操作)を使いたい人 → Fire TV Cube

こんな感じで、Fire TVシリーズを選ぶのがおすすめです。

ヒトデ君
ヒトデ君
自分の使用環境で、一番最適な機種を選ぼう!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です