Amazon

Amazon Echoの正しい選び方と、おすすめ機種を比較しながらわかりやすく解説!

  • Amazon Echoの選び方がわからない…
  • たくさん種類があって迷っちゃう…
  • 私に最適なEchoシリーズはどれなんだろう?おすすめが知りたい!

Amazon Echoシリーズは、現在8機種もあります。

そんなEchoシリーズのどれが自分に合っているのか、迷っている人も多いはず。

今回はEchoを使ってみたいけど、どれを選びばいいかわからない!と言う方のために、

  • Amazon Echoの正しい選び方
  • あなたにおすすめの機種

をわかりやすく比較しながら解説していきます。

ヒトデ君
ヒトデ君
個人的には値段も手頃な、「Echo Dot」から始めてみるのがおすすめだよ〜

Amazon Echoでできること

「そもそもAmazon Echoって何ができるの?」

と思っている人も多いはず。

ざっくりできることを説明すると、

  • ニュース、天気予報を知ることができる
  • タイマーをセットできる
  • 音楽を再生できる
  • Kindle本の読み上げをしてくれる
  • ラジオをかけてくれる
  • 音声通話、ビデオ通話ができる
  • 買い物ができる
  • 照明、エアコン、TV、スマートロックなど、スマート家電をコントロールできる
  • Alexaと会話したり、ゲームができる
  • 調べたい言葉の検索

など、多彩な機能をEchoに、

「Alexa〇〇して」

などと話しかけることで利用することができます。

ヒトデ君
ヒトデ君
Echoに話しかけるだけでいろんなことができるのはすごいよね!

Amazon Echoの機種別比較表

Amazon Echoシリーズは現在8種類存在します。

それらを簡単に比較するとこんな感じです。

機種名 Echo Flex Echo Dot Echo Dot with clock Echo Echo Plus Echo Studio Echo Show 5 Echo Show
価格 2,980円 5,980円 6,980円 11,980円 17,980 24,980円 9,980円 27,980円
スクリーン × × × × × × 5.5インチ 10インチ
時計表示機能 × × ◯(LED) × × × ◯(液晶) ◯(液晶)
カメラ × × × × × × 1MP 5MP
スピーカーサイズ 0.6インチ 1.6インチ 1.6インチ 3.0インチネオジウムウーファー、
0.8インチツイーター
3.0インチネオジウムウーファー、
0.8インチツイーター
5.25インチウーファー、
2.0インチミッドレンジスピーカー、
1.0インチツイーター
1.65インチ
4W スピーカー
2インチ 10W スピーカー x 2、
パッシブラジエーター
通話機能 音声通話 音声通話 音声通話 音声通話 音声通話 音声通話 音声通話、ビデオ通話 音声通話、ビデオ通話
スマートホームハブ × × × × ×
温度センサー × × × × × × ×
サイズ 72 x 67 x 52 mm 43 x 99 x 99 mm 43 x 99 x 99 mm 148 x 99 x 99 mm 148 x 99 x 99 mm 206 x 175 x 175 mm 148mm x 86mm x 73mm 246mm x 174mm x 107mm
重量 150g 300g 300g 780g 780g 3.5kg 410g 1.75kg

表だけ見てもわかりづらいですね。

そこで、簡単に選び方を言うと、

  • Echoの使い勝手の良さを知りたい! → Echo Dot
  • 音質がある程度良いものが良い → Echo
  • スマートスピーカーとしての機能を最大限活用したい → Echo Plus
  • 画面ありで、操作しやすいタイプが良い! → Echo Show 5

こんな感じです。

ヒトデ君
ヒトデ君
個人的にはスマートスピーカーの機能を最低限満たしている、「Echo Dot」がおすすめだよ〜!

「Echo Flex」は一番安いけど、コンセント直挿し。

だから、置く場所の柔軟性は限られてるよ!

さらに音質にこだわりたい方は「Echo Studio」、大画面の高機能モデルがほしい人は「Echo Show」を選ぶといった感じです。

ヒトデ君
ヒトデ君
これからさらに詳しく、選び方について紹介していくよ!

AmazonEchoシリーズの選び方

Echoシリーズのおすすめの選び方を、要望別に詳しく紹介していきます。

コストを考えたら安いシリーズがおすすめ

機種名 Echo Flex Echo Dot Echo Dot with clock Echo Show 5
価格 2,980円 5,980円 6,980円 9,980円
スクリーン × × × 5.5インチ
時計表示機能 × × ◯(LED) ◯(液晶)
カメラ × × × 1MP
スピーカーサイズ 0.6インチ 1.6インチ 1.6インチ 1.65インチ
4W スピーカー
通話機能 音声通話 音声通話 音声通話 音声通話、ビデオ通話
サイズ 72 x 67 x 52 mm 43 x 99 x 99 mm 43 x 99 x 99 mm 148mm x 86mm x 73mm
重量 150g 300g 300g 410g

10,000円以下で購入できるEchoはこちらの4機種です。

したがってコスパを考えるのであれば、この4機種から選ぶのがおすすめです。

おすすめの選び方としては、

  • とにかく安くEchoを買いたい! → Echo Flex
  • より柔軟に持ち運びたい → Echo Dot
  • 時計表示機能がほしい → Echo Dot with clock
  • 画面ありで、操作しやすいタイプが良い! → Echo Show 5

こんな感じで選択しましょう。

ヒトデ君
ヒトデ君
まずは「Echo Dot」から初めて見るのがおすすめかなっ

音楽やラジオなど、サウンドを楽しみたければ高音質スピーカーの機種がおすすめ

機種名 Echo Echo Plus Echo Studio Echo Show
価格 11,980円 17,980 24,980円 27,980円
スクリーン × × × 10インチ
時計表示機能 × × × ◯(液晶)
スピーカーサイズ 3.0インチネオジウムウーファー、
0.8インチツイーター
3.0インチネオジウムウーファー、
0.8インチツイーター
5.25インチウーファー、
2.0インチミッドレンジスピーカー、
1.0インチツイーター
2インチ 10W スピーカー x 2、
パッシブラジエーター
スマートホームハブ ×
サイズ 148 x 99 x 99 mm 148 x 99 x 99 mm 206 x 175 x 175 mm 246mm x 174mm x 107mm
重量 780g 780g 3.5kg 1.75kg

スピーカーとして、音質にこだわりたい方は、上記4機種がおすすめです。

選び方としては、

  • コスパが高い方が良い → Echo
  • 高機能なモデルが良い → Echo Plus
  • スピーカーの質を最大限求めたい → Echo Studio
  • 画面ありで映画やドラマなどの映像も楽しみたい → Echo Show

こんな感じで選ぶのがおすすめです。

「Echo Studio」、「Echo Show」に関しては、大きさだけでなく、重さもあるので、その点も加味して選ぶようにしましょう。

ヒトデ君
ヒトデ君
重くて大きい機種は持ち運びは不便だよっ

Echoがスピーカー重視の人にはコスパ高いよっ

ビデオ通話や映像視聴機能がほしい人は、画面付きシリーズがおすすめ

機種名 Echo Show 5 Echo Show
価格 9,980円 27,980円
スクリーン 5.5インチ 10インチ
カメラ 1MP 5MP
スピーカーサイズ 1.65インチ
4W スピーカー
2インチ 10W スピーカー x 2、パッシブラジエーター
サイズ 148mm x 86mm x 73mm 246mm x 174mm x 107mm
重量 410g 1.75kg

ビデオ通話を楽しみたい人や、映画などの動画視聴を楽しみたい方には、画面付きモデルがおすすめです。

選び方としては、

  • 持ち運びの便利さ、コスパ重視 → Echo Show 5
  • 映画やドラマなどの映像をしっかり楽しみたい → Echo Show

こんな感じで選びましょう。

ヒトデ君
ヒトデ君
コスパを考えると、Echo show 5がおすすめかな〜

画面操作がしたい人にはおすすめだよ〜

次の章からは、各機種の詳細を解説していきます。

Echo Flexは安いエントリーモデルをお探しの方におすすめ

価格 2,980円
スピーカーサイズ 0.6インチ
サイズ 72mm x 67mm x 52mm
重量 150g

「Echo Flex」は、Echoの最小限の機能を備えたエントリーモデルです。

したがって、「Echoがどんなものなのか、ちょっと試してみたい!」と言う方にはおすすめです。

また、Echoの機能だけでなく、ナイトライトの機能もついています。

したがって、夜の常夜灯としても活躍します。

ただし、

  • スピーカーが小さすぎて音質には期待できない
  • コンセント直挿しなので、設置場所が限定される

などのデメリットもあるので、その点を踏まえて購入を検討しましょう。

Echo Dotはコスパの高い機種を探している方におすすめ

価格 5,980円
スピーカーサイズ 1.6インチ
サイズ 43 mm x 99 mm x 99 mm
重量 300g

Echo Dot(エコードット)はスマートスピーカーとしてのエントリーモデルとして、おすすめです。

Echo Flexよりも高機能なスピーカーを搭載しているので、音楽やラジオを楽しむことができます。

小型で持ち運びも便利な機種です。

ヒトデ君
ヒトデ君
初めてEchoを購入するって人は、このタイプがおすすめだよ〜

Echo Dot with clockは時計として利用したい方におすすめ

価格 6,980円
スピーカーサイズ 1.6インチ
時計表示機能 ◯(LED表示)
サイズ 43 mm x 99 mm x 99 mm
重量 300g

「Echo Dot」に時計機能をつけたモデルがこちらになります。

時間以外にも外気温やタイマーを表示することができます。

枕元やリビングに置く時計をお探しの方にはこちらの機種がおすすめです。

ヒトデ君
ヒトデ君
Alexaに話しかけるだけでアラームが設定できて、便利だよっ

Echoはスピーカーの機能を重視したい人におすすめです

価格 11,980円
スピーカーサイズ 3.0インチネオジウムウーファー、
0.8インチツイーター
サイズ 148 x 99 x 99 mm
重量 780g

「Echo」は音楽やラジオを高音質で楽しみたい方におすすめです。

Dolby対応プレミアムスピーカーによる、クリアなボーカルとダイナミックな低音が360度全方向で楽しめます。

ヒトデ君
ヒトデ君
より音を重視したいと言う方にはおすすめなモデルだよ〜

Echo Plusはスマートスピーカーとして高機能なモデルをお探しの方におすすめ

価格 17,980円
スピーカーサイズ 3.0インチネオジウムウーファー、
0.8インチツイーター
温度センサー
スマートホームハブ
サイズ 148 x 99 x 99 mm
重量 780g

「Echo Plus」は、「Echo」よりもよりスマートスピーカーとして高機能に利用したい方におすすめです。

Echoデバイスの中で唯一温度センサーが内蔵されているので、温度確認や温度を基準としたエアコン操作も可能になります。

またスマートホームハブが搭載されているので、

「アレクサ、デバイスを探して」

と話しかけるだけで、Zigbee対応のスマート家電をセットアップできます。

例えばフィリップスの「Hueランプ」は、普通別売りでハブ(約7,000円)と言うものを買わないと機能しません。

そういったものが必要ないので、スマートデバイスの連携を考えている人は、こちらの機種がおすすめです。

ヒトデ君
ヒトデ君
Echoの機能を最大限活用したい人にはおすすめだねっ

Echo Studioはオーディオとして最高品質の音を楽しみたい人におすすめ

価格 24,980円
スピーカーサイズ 5.25インチウーファー、
2.0インチミッドレンジスピーカー、
1.0インチツイーター
スマートホームハブ
サイズ 206 x 175 x 175 mm
重量 3.5 kg

「Echo Studio」は音質にこだわったスマートスピーカーです。

5つのスピーカーが、パワフルな低音、ダイナミックな中音、そしてクリアな高音を生み出します。

Dolby Atmos技術により、音に空間、明瞭性、奥行きが追加されます。

Amazon Music Unlimitedで高品質な音楽を楽しみたい方にはおすすめの機種です。

ただし、サイズ・重量共に大きいので、持ち運びには向かないデメリットもあります。

ヒトデ君
ヒトデ君
音楽スピーカーとしてガッツリ使いたい人にはおすすめだよっ

Echo Show 5はビデオ通話や画面操作を楽しみたい方におすすめ

価格 9,980円
スピーカーサイズ 1.65インチ 4W スピーカー
スクリーンサイズ 5.5インチ
通話機能 音声通話、ビデオ通話
サイズ 148 mm x 86 mm x 73 mm
重量 410g

「Echo Show 5」はスクリーン付きのEchoシリーズです。

タッチ操作も可能なので、操作性が高いのが特徴です。

5.5インチのスクリーンで、スケジュールの管理や、動画視聴、ビデオ通話なども楽しめます。

ヒトデ君
ヒトデ君
スクリーン付きのEchoの中ではエントリーモデル!

画面付きでコスパが高いEchoを探している人にはおすすめだよっ

Echo Showは動画視聴をガッツリ楽しみたい方におすすめ

価格 27,980円
スピーカーサイズ 2インチ 10W スピーカー x 2、
パッシブラジエーター
スクリーンサイズ 10.1インチ
通話機能 音声通話、ビデオ通話
スマートホームハブ
サイズ 246mm x 174mm x 107mm
重量 1.75kg

「Echo Show」はより高画質、高音質な動画視聴、音楽を楽しみたい方におすすめです。

10インチの大画面モデルなので、ビデオ通話の時も相手の顔をよく見ることができます。

映画もタブレットで見ているのと同等に臨場感あふれる映像を楽しめます。

ヒトデ君
ヒトデ君
Show 5よりも、大画面の映像を高品質に楽しみたい方におすすめだよっ

まとめ:目的別でおすすめは様々!自分にあったEchoを選ぼう!

Echoは目的によっておすすめの機種が変わります。

もう一度簡単に選び方をまとめると、

  • とにかく安いEchoが欲しい → Echo Flex
  • Echoの使い勝手の良さを知りたい! → Echo Dot
  • 音質がある程度良いものが良い → Echo
  • 音質に少しこだわりたい → Echo
  • スマートスピーカーとしての機能を最大限活用したい → Echo Plus
  • 高品質な音質で、スピーカーとして欲しい → Echo Studio
  • 画面ありで、操作しやすいタイプが良い! → Echo Show 5
  • 大画面で映像、ビデオ通話を楽しみたい → Echo Show

こんな感じです。

機能をしっかりと理解して、自分にあったデバイスを選ぶようにしましょう!

ヒトデ君
ヒトデ君
個人的には「Echo Dot」から始めてみるのがおすすめだよ〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。