今日はヒトデ祭りだぞ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はヒトデ祭りだぞ!

主に勢いに任せた雑記

「何も予定が無い休日」の重要性

20代男性の主張

f:id:hitode99:20160828205705j:plain

先日会社の同期と食堂でだらだら雑談してました

同期「あー、今週予定何もねーわー」

僕「俺もー」

同期「つまらんなー」

僕「楽しみだなー」

同期「え?」
僕「え?」

みたいな

もう少し話をしてわかったんですけど、どうやら彼等的には

誰かと遊びに行く予定が無い休日 = 勿体無い


らしいのです!!

なんじゃそれ!! 驚きだよ! ジェネレーションギャップ!!!(同い年)

「中途半端な平日に有給とっても一緒に遊ぶ人いないし意味無い」

とか言う発言まで飛び出す始末。もうビビったよ。おったまげたと言っても良い。これが価値観の違いか。もしもロックバンドだったらとっくに解散してるよ俺達

何も予定が無いの可能性

僕、予定が無い日って大好きです。だって予定が無いって事は何でも出来るという事! 

誰かと一緒に行動するのは大変かもだけど、1人でやりたい事は何でも出来るよ! 

そこらへんブラついても良いし、ずっと引きこもっていても良い。急に誘いがあったらそれに行く事だって出来る!

予定があったら、それしか出来ないじゃないか!

でも予定が無かったら、何でも出来る!!

「予定が無い」には、無限の可能性が詰まっているんだ!!

最早僕くらいになると「予定が無い」の状態にしたくて予定入ってきても断るからね。同期とかに

「来週の土曜日暇? 皆で遊び行かね?」

とか言われても

「あ、ごめ。俺その日用事何も無い日だから無理だわ~~」

って返す勢いだ(それでもいつも誘ってくれてありがとう! 7回に1回くらいは参加するから!)

予定が無い日が大好きです

いや流石に全部それだと困るんだけど、それでもやっぱり定期的にそういう日が必要だと思う

っていうか必要だ! 間違いない!

基本的にぼっち気質だから、1人で黙々と過ごすのが凄く得意なんですよね

マジ長時間の移動とか1mmも苦になんない。1人ないし1人でいるように過ごさせてくれる人と一緒だったら余裕よ

だからお誘い断ってでも、そういう日を作りたくなってしまう


別に人と過ごすのが嫌いってわけじゃないんだ。むしろ今は色々な人と会いたいくらいの勢いなんだけど、それでもやっぱりそういう日もいる

「ちょっとそっとしておいて!」モードに入る。もうそういう風に出来てるんじゃないかなと思います

あと単純に趣味であるブログだったりゲームだったり読書だったりが全部1人で完結してて、基本的には一人の方が捗るモノだからなのかなーって思います

そんでそういうのが趣味って時点で、やっぱそういう気質なんだなーって思います

まとめ

 

予定無い日もっといっぱい作りたいから会社は週休4日制度を導入しろ

 

そんな感じ

おわりっ

関連記事

とにかく会社から帰りたいタイミングランキングベスト5!!!!! 
「有給の上限は40日です。それ以上は消えます」←は? 
「働きたくない」じゃなかった。「週に5日も働きたくない」だった
会社を首になりたい+ブログ株

Kindle(キンドル)の選び方! 4種類あるけどおすすめは?

Amazon 実際に使ってみてオススメだったモノ

Kindle for Mac [ダウンロード]

Kindle、良いですよね。僕も絶賛使っています

しかし現時点で(2016年8月)4つもKindle端末が発売されています
そしてこのブログにも「キンドル どれ」みたいなワードで検索されて人が来ているので

結局どれ選べば良いんだよ!

って人のために記事を書こうと思います。

先に結論から言うと「Kindle  Paperwhite」がコスト・機能面から見て断然オススメ何で、こっちは忙しいんだよ! って人は良かったらその項目だけ読んでいってください

というわけでどうぞ

キンドルの種類

電子書籍リーダーのKinde。冒頭にも書いた通り4つの種類があります

  • Kindle
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Voyage
  • Kindle Oasis

の4種類! 下に行くほど段々レベルアップしていきます
というわけで早速それぞれの特徴を見ていきましょう

Kindle(¥8980円~)

Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

まずは元祖キンドル。見ての通り最大のメリットは価格です

8980円~は圧倒的な安さ。ただしデメリットとして以下の点があげられます

・バックライトが無い
・解像度が低い

いやいやいや……

正直バックライト無しは本を読む端末としては結構致命的です

もちろん実際の本にはライト何てありませんから、「本当の本みたい!」というコンセプト的にはおかしくないですが、バックライトの有る無しでかなり読みやすさが変わります

個人的には必須だと思っているので、明るいとこでしか読まないし、とにかく安い方が良い!! という人以外には基本的にオススメ出来ません

購入するにしても、せめて1度現物を見てからにする事をオススメします

思ってたのと違う・・・・・・。という風にならないように気をつけましょう

ちなみに本体は黒色と白色の二種類から選べます

Kindle Paperwhite(¥14,280円~)

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

これ!! 

冒頭にも書きましたが、個人的な一番のオススメはこれです

先程のキンドルに

・バックライトを追加
・解像度が上昇(167ppi→300ppi)

と、弱点を消した形になります。価格は5000円近く上がりますが、それだけの価値はあると断言出来ます

Amazonプライムの無料会員登録をするだけで4000円安く購入出来る事もあり(後述します)、コストパフォーマンス的に最も良いキンドル端末だと思います

最近白色が出たのでこちらも黒白の二色から選べます

ちなみに僕が実際に使っているのもこのペーパーホワイトです

3ヶ月間使った上での感想もあるのでもし良ければ読んでください。現在は既に半年以上使っていますがとても満足しています

【Kindle】キンドルペーパーホワイトを3ヶ月使った感想+おすすめのカバーの紹介!

Kindle Voyage(¥23,980円〜)

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

価格が1万円程上がった上位版!

何が変わったのかと言うと軽さと薄さ! ペーパーホワイトと比べると

・厚さが9.1mm→7.6mm
・重さが205g→180g

とはいえ見ての通りKindle事態元々対して重たくも大きくもないので、ここは好みですね

さらに追加された機能として

・ページめくりボタン
・LEDの明るさ向上(LEDの個数4個→6個)
・明るさ自動調整

があります

どちらもあったら普通に便利だとは思うのですが、+1万円の価値があるかと聞かれると悩むところ

というのも僕はペーパーホワイトを使っていますが、特に明るさやページめくりで困った事はありません

とはいえこれらの機能、そして薄さと軽さに魅力を感じる方には十分オススメ出来る端末です

Kindle Oasis(¥35,980円~)

Kindle Oasis Wi-Fi バッテリー内蔵レザーカバー付属 ブラック キャンペーン情報つきモデル

現在発売されているキンドルの中で最上位版です

性能等には一切文句は無いのですが、如何せん高い!! これタブレットじゃなくて電子書籍専用のリーダーですからね

追加された機能としては

・さらに明るさの向上(LEDの個数4個→10個)
・従来のKindleよりも20%以上軽く、平均で30%以上の薄さ
・取り外し可能なバッテリーを内蔵したカバーを付属(装着しても230g。装着しないと何と130gという軽さ)
・片手持ちを想定し、人間工学に基づいて設計されたグリップ

このようにKindleとしてはかなり最強なわけですが、如何せん価格が高い!! カバー付きではありますが、その分を差し引いてもやはりちょっと高く感じてしまいます

しかし逆に言えば問題点は金額くらいで、他には文句のつけどころはありません。お金に余裕のある方は候補にしても良いと思います

キャンペーン情報付きとキャンペーン情報無し、どっちが良いの?

断言します

キャンペーン情報無しです

キャンペーン情報有りは正直結構鬱陶しいです。これからずっと使うわけですから尚更です

ちなみに広告が出るタイミングは

  • スリーブ解除時
  • ホーム画面下に常時

の2つで、ホーム画面の広告は特に気にならないのですが、スリーブ解除のたびに出てくる広告は個人的にはかなり邪魔でした

2000円の差額なので、それをどうしても節約したい! 別にスリーブ解除の度にスワイプするくらいなら気にならない。という人以外はキャンペーン情報無しverを選ぶ事をオススメします

Wi-FiのみとWifi+3gどちらを選ぶか

Kindle PaperwhiteとKindle Voyageのみ選ぶ事が出来ます

+3gとはWi-Fi環境が無くても3g回線で本がDL出来るよ、というもの。要するにwifi等無くてもどこでも本がDL出来るというモノです

とりあえず


自宅等にWi-Fii環境がある方にはWifiのみの端末をオススメします


そもそも実際に使っていると外でDLしたい! と思うような時はあまり無いです。最悪スタバのようなフリーWi-FiでもDL出来ますしね(した事は無いですが)

また、容量の大きい本何かは「Wi-Fi環境でDLしてください」と言われる事もあるし、そもそも3g回線なのでそれなりに時間がかかります

差額も5000円とかなり大きいですし、それほどのメリットではありません

もちろん必要とする人も一定数要るとは思いますが、殆どの人は3G回線無しのWi-Fiのみを選んで問題無いと思います

まとめ 結局どれを買えばいいのか

f:id:hitode99:20160623205008j:plain

(写真は僕が現在実際に使っているKindle(Paperwhite・カバー付き))

今までの内容をまとめると

バックライトも不要。機能は最小限でもとにかくリーダーが安く欲しい!

→Kinddle

機能と値段のバランス、つまりコスパが良いリーダーが欲しい!

→Kindle Paperwhite

値段は上がっても良いからもっと小さくして!
ページ送り、自動明るさ調整機能が欲しい!

→Kindle Voyage 

高かろうがとにかく良いモノが欲しいんだよ!

→Kindle Oasis

といった感じでしょうか

初めにも書きましたが、僕個人のオススメはキンドルペーパーホワイトです

コストパフォーマンスが圧倒的に良いです

そして、これにはもう1つ理由があって

Amazonプライムに会員登録を行うと、キンドルとキンドルペーパーホワイトの2種類だけはさらに4000円引きで購入できます!
(既に会員の方も、もちろん4000円引きで購入できます)

この4000円の割引は本当に大きいです

Amazonプライムは年会費が3900円(月額約330円)なので、実質1年間分無料で(100円貰って)Amazonプライムの特典を受ける事が出来ます

Amazonプライムは映画やアニメが見放題だったり、毎月1冊Kindle本が無料で読めたり、お急ぎ便無料だったりと、かなり優良なサービスですし、中途の解約も自由、無料お試しも30日間用意されています

メリットは多過ぎてここには書き切れないので、こちらの記事にまとめています。解約方法も含めてまとめてあるので良かったらチェックしてみてください

Amazonプライム会員がお得過ぎ! 10個のメリットを紹介! 

ちなみに無料体験から始めても、無料体験終了後、有料会員になったタイミングで4000円分のAmazonギフトカードが貰えるので、無料会員登録で様子を見てみるのも良いでしょう

Amazonプライム会員登録・無料体験の詳細はこちら

もちろんプライム会員にならずにそのままキンドルを楽しみのも良いと思います!

是非Kindleを使い倒して楽しい電子書籍ライフを送りましょう!

そんな感じ!

おわりっ

関連記事

Amazonプライム会員がお得過ぎ! 10個のメリットを紹介!
【大学生・専門学生限定】Amazonスチューデントが月額159円なのにお得過ぎる!
【Kindle Paperwhite】キンドルペーパーホワイトを購入したので感想【メリット・デメリッ卜】
【Kindle】キンドルペーパーホワイトを3ヶ月使った感想+おすすめのカバーの紹介!