【7/16まで限定!特大セール開催中!】Amazon最大のセール「プライムデー」!超お得なおすすめ商品まとめ!
未分類

「好きなことして生きる」の隠れた代償。それは10円ハゲ!!自由なのにハゲたフリーランス達にインタビューしてみた

f:id:hitode99:20170727221343p:plain

好きな事して生きる!

最高ですよね

好きな場所で、好きな時間に、好きな事を仕事にする!

全てを自分で決める自由で楽しい毎日!

サラリーマンからしたら羨ましい限りです

しかし、全ての物事には対価があります

人体練成を試みたエドが弟と左手と右足を「持ってかれた」ように

自由な毎日を目指した結果

髪の毛を「持ってかれた」人達もいるんですよ……

というわけで、自由に生きた結果、髪の毛を持ってかれたフリーランス2人にインタビューしてみました!

10円ハゲが出来たフリーランスの紹介

今回インタビューしたのは

  • るってぃ
  • Shuninanuma

の2人です!

インタビューしたフリーランスの紹介

紹介です!

るってぃ

f:id:hitode99:20170727215727j:plain

るってぃ/プロ無職(フリーランス)
新卒で入社した会社を10ヶ月で辞め、好きな生き方や働き方をHACKしてます。
8月からヨーロッパに行きます!

SHUN INANUMA

f:id:hitode99:20170727215916j:plain

IMAGINALの脳内アーティスト。フォトショとイラレに人生変えられた。デザインを作ったり教えたりラジバンダリ。ダジャレでアート、喋るTシャツ、移動する同棲生活などの表現活動も!

どちらも尖ったフリーランスです

2人とも場所に囚われず全国を飛び回り、それでいてしっかりと稼いで、まさに

好きな事で生きていく

を現在進行形で実行しているフリーランスなのです

となると、もうストレスフリーで最高な毎日を送っているように見えるのですが

出来ちゃったらしいですよ

f:id:hitode99:20170727221327p:plain

10円ハゲ

「自由に生きる」それすなわち「ストレスからの解放」という事だと思っています

にもかかわらず、「ストレスの象徴」ともとれるような「10円ハゲ」が出来てしまったフリーランス2人

どうしてそうなんねん! と思わずにはいられません

というわけで、実際に2人にインタビューしてみました!

ちなみにさも同時にインタビューしたみたいな顔してるけど、実際はスカイプでそれぞれインタビューしたよ!

それでは早速行ってみましょう!

1.10円ハゲが出来た当時の状況は?

f:id:hitode99:20170727221332p:plain

まあやっぱりまずはここを聞きたいですよね

バックグラウンドを共有していきましょう

るってぃの場合

f:id:hitode99:20170727220045j:plain

僕「10円ハゲが出来たとの事でしたが、当時の状況はどんな感じ?」

るってぃ「あのね、好きな事を仕事にする事に成功したのよ」

僕「すばらしいですね」

るってぃ「でも、そしたらもうありがたい事に仕事が舞い込み過ぎて! でも、好きな事だから断りたくなくて! もう仕事有り過ぎ! みたいな状態になったんすよ」

僕「忙しすぎてハゲた、

るってぃ「いや、その時はまだハゲてなかったんだけど、この作業量はヤバイ! と思って、徹底的に作業の効率化をしたんよ。それこそToDoリストだとか、入力方法を変えたりだとかね。そして、かなりの効率化に成功した」

僕「めっちゃ優秀やんけ」

るってぃ「はい。そうして効率化した結果!」

僕「ふむふむ」

f:id:hitode99:20170727220140j:plain

るってぃ「もっと仕事が出来るようになったんすよ! だから新しい事ドンドンやって!」

f:id:hitode99:20170727220122j:plain

るってぃ「そしたらハゲた」

僕(バカなのかな……)

るってぃ「あとは単純に、自分が何処に行きたいかわからなくなって、思い悩んじゃって……、っていうので精神的にやられたっていうのもありましたね」

僕「フリーランスの人がふと寝る前に考え出すと止まらなくなりがちなアレですね」

るってぃ「そう、アレです」

ここまでのまとめ:アレです

稲沼の場合

f:id:hitode99:20170727220229j:plain

僕「10円ハゲが出来たとの事ですが、当時の状況はどんな感じでしたか?」

稲沼「あのね、好きな事を仕事にする事に成功したんですよ」

僕(あれ、さっき聞いたなコレ……)

稲沼「いや、るってぃは1期目から上手くいってたみたいなんだけど、俺の場合はずっとその状態を夢見ながら、バイトと両立してたんすよ」

僕「ほうほう。下積み時代があったと」

稲沼「そうなんすよ。そこから段々とフリーランスとしての稼ぎが増えてきて、バイト代を上回るようになって、ついに念願の!夢にまで見た! 「好きな事で生きていく」が実現したんですよ!」

僕「これだけ聞いたらすっげーハッピーな話に聞こえるなぁ」

稲沼「そうなんすよ! なのに10円ハゲ! しかもバイトとの両立中は10円ハゲとか出来た事ないんですよ?」

f:id:hitode99:20170727220247j:plain

稲沼「目標だった好きな事をして10円ハゲって、俺が目指してたのはなんだったんだろう……、ってなりましたね。いや、10円ハゲになりたくてやったんじゃねーよ! みたいな……」

僕「そんな落ち込まんでも……。やっぱハゲるにあたって何かきっかけがあったんですかね?」

稲沼「ありましたね」

僕「あ、やっぱあるんですね。何が辛かったんですか?」

f:id:hitode99:20170727220315j:plain

稲沼「地雷クライアントです」

僕「あっ……」

稲沼「めっちゃ後半まで進んでから「やっぱ初めからやり直して」を3発くらいまして……」

僕「こわい」

稲沼「ただ今思えばそれも悪い事ばっかりじゃないんですよね。これによって結構学びがあって、やっぱりクライアントを選べなかった自分にもやっぱり責任があったんですよ、そこを見直して行く過程で……」

僕「あ、長くなりそうなんで、また今度でいっすか?」

稲沼「うぃっす」

まとめ:地雷クライアントはヤバい

2.10円ハゲはどうやって発覚しましたか? そして、何か対処はしましたか?

f:id:hitode99:20170727221324p:plain

ここも気になるところですね。

特に対処法については知っておきたいです。リアルな声を聞きましょう

るってぃの場合

f:id:hitode99:20170727220334j:plain

僕「10円ハゲって自分で気付く物?」

るってぃ「いや、完全に人に言われるまで気付かなかった。だからビビったね、正直。ちなみにこんな感じだった」

f:id:hitode99:20170727222644j:plain

僕「うわ! 結構がっつりじゃん!! がっつりハゲじゃん」

るってぃ「止めなさいよ。でも今ではこの通り」

f:id:hitode99:20170727222735j:plain

僕「よかったねぇ(ホロリ)」

僕「まあその位置だと、確かに自分じゃ発見出来ないよね。ショックもでかそう」

るってぃ「ショックっていうか、自分としてはフリーランスとしてバリバリやって順調だと思ってたんで「実は自分って、結構悩んでたんだ……」っていう気付きがあった」

僕「体からのサインって事だね。発覚後は何かアクションしました?」

るってぃ「めっちゃググった」

僕「そりゃそうするよねー」

るってぃ「あと俺はサロンもやってるから、サロンメンバーにめっちゃ聞いた。そしたら意外と経験者がいて、アドバイスを貰った感じだと

  • 病院早く行ったほうが良い
  • 1つならほっといたらそのうち直るよ
  • シャンプーの刺激良くないから湯シャンがおすすめ

みたいな感じでしたね」

僕「まさかサロン生も金払って講師のハゲについて考えさせられるとは思って無かっただろうね」

るってぃ「面目ない」

僕「実際に対策とかはしました?」

るってぃ「いや、ぶっちゃけほっといたら直った」

f:id:hitode99:20170402114334p:plain

僕「困るな~~そういうの。もっとこう、知見を共有したいな~~~」

るってぃ「ごめんって。でも複数出来たら流石にヤバいらしくて、その時は病院行くつもりだった。幸いそれで「流石にヤバいかな?」って思って仕事量を調整したりしたから、悪化はしなかったけど」

僕「おお、10円ハゲがちゃんと体を守ってる。すげぇ」

まとめ:1つまでなら、ほっといたら直ったよ!

稲沼の場合

f:id:hitode99:20170727220431j:plain

僕「10円ハゲって自分で気付くの?」

稲沼「いや~、それが気付かなくて、彼女に突然「あっ!ハゲてる!!!」って指摘されたんすよ」

僕「つらっ」

稲沼「正直自自分、ストレスとかめったに感じ無い人間なので、ビビりましたね」

僕「え、何その「ストレスとか感じ無い」って」

稲沼「え? いや、普通にあんまり「ストレスだなぁ」って事ないんですよね」

僕「強すぎないかそのメンタル????」

稲沼「だからこそビビりましたよ! ショックっていうか、「何でだ」って非常に動揺しましたね」

僕「るってぃ動揺、体からのサインって事ですね。発覚後何かしましたか?」

稲沼「めっちゃググった」

僕「やっぱ現代人ってそうなのね」

稲沼「ただ、やっぱり即効「これすれば直る!」って情報は無かったですね」

僕「へー。それで、独自の方法で直したりしたの?」

稲沼「いや、ほっといたら直りました」

f:id:hitode99:20170402114335p:plain

僕「困るな~~そういうの。記事を寄稿するメディアの事も考えてほしいなぁ~~」

稲沼「面目ない。ただやっぱりそれで仕事は見直しましたね。案外疲れてるじゃん、俺、みたいな」

僕「おお、ここでも10円ハゲが家主を守ってる!」

まとめ:やっぱほっといても直るみたい

補足:2人とも共通して10円ハゲをきっかけに「仕事の見直し」を行っています。「そのままでいい」と言う訳では無く「安静にしてたら直った」といった感じですね

3.10円ハゲ、どうやって隠した?

f:id:hitode99:20170727221327p:plain

これも重要な所でしょう。自分がなったとしたら知りたいのはここです

是非実際になった方の経験談を聞いておきたい!

るってぃの場合

f:id:hitode99:20170727220744j:plain

僕「10円ハゲ、どうやって隠した?」

るってぃ「隠してないっすねぇ。もう超オープン」

僕「マジで??」

るってぃ「まあ普段から帽子被ってる時もあったんですけど、正直10円ハゲ……すげぇ美味しいなって思って」

僕「芸人なの??」

るってぃ「もうね、講演会とかで10円ハゲを掴みのネタにすると100%ウケる! こういう場で初めにドッと笑いを起こせるのってすげー強いんですよ! 鉄板ネタでしたねあれは!」

僕「マジで喜んでてちょっと引くね」

るってぃ「しかも今回発信してたおかげで、こうやって取材の依頼まで来たわけじゃないですか? マジで何でも隠さずに発信しとくもんだなって思ったね」

僕「人生丸ごと発信出来るフリーランス、強い……。ちなみにハゲてる期間、美容院とかはいかなかったの?」

るってぃ「あー、行った行った」

僕「何か言われた?」

るってぃ「いや、それが何も言われなかった……。たぶん気を使われた……」

僕「……どんまい」

まとめ:美容師は、気を使う!

稲沼の場合

f:id:hitode99:20170727220808j:plain

僕「10円ハゲ、どうやって隠した?」

稲沼「ドレッドにしました」

僕「んーー??」

稲沼「ドレッドって、パーマをかけまくって、その髪を結んでいくんですよね。そんで10円ハゲ部分を完璧に覆い隠すんです。こう、四方八方から結んでやって」

僕「え、全然わかんない」

稲沼「当時の画像ありますよ」

f:id:hitode99:20170727223558p:plain

稲沼「こんな感じです」

僕(セブンイレブンの前で車高無駄に低くした中古車の前でフランクフルト食ってるDQNよりこえぇ~~~~)

稲沼「この左前の当たりですね、全然わかんないですが、がっつりハゲてます」

f:id:hitode99:20170727221018p:plain

僕「確かに全然わからん……」

稲沼「なので、10円ハゲ出来た人にはドレッドがおすすめっす」

僕「出来ねーよドレッド」

稲沼「ちなみに8時間くらいかかります。パーマ」

僕「8時間……定時かな?」

稲沼「ロッドも100本とか使います」

僕「100本……」

まとめ:10円ハゲにはドレッドがおすすめ!(ただしロッドは100本、パーマに8時間かかる)

4.10円ハゲが出来てしまったみんなに、一言お願いします。

f:id:hitode99:20170727221339p:plain

るってぃより

f:id:hitode99:20170727221055j:plain

るってぃ「10円ハゲが出来るとめっちゃ悩むと思うけど、そんなに悩まなくても良い。でも! 複数出来たら病院へ行こう!!」

僕「まともだ」

るってぃ「もう1個いい?」

僕「どうぞ」

るってぃ「10円ハゲ出来たって事は、倒れる前の体からのサイン! しっかり休もう!」

僕「まともだ」

るってぃ「もう1個いい?」

僕「ちょっとならいいよ」

f:id:hitode99:20170727221112j:plain

るってぃ「好きを仕事にするのは簡単じゃねぇ! 楽と楽しいは違うんだよ! 良く「るってぃさんはいつも楽しそうで良いですね!」とか言われるけどな、こっちだって大変な所があるんだぞ。お前ら舐めんなこの野」

僕「おわりでーす」

 稲沼より

f:id:hitode99:20170727221126j:plain

稲沼「10円ハゲはね、贈り物なんですよ」

僕「うわ、何か始まった」

稲沼「「思考」と「自分の中の想い」、どうしても思考の方強いから、思考が前に来ちゃうんすよ。「まだ大丈夫だ」って。そうすると「自分の中の想い」は内側に置いてけぼりになっちゃうんです。でも、その内側のメッセージが表面化したもの、それが10円ハゲ」

僕「え、ちょっと待って。ごめん、1回待って。ここまで読んだ人の中で、この説明でわかった方いますか??」

f:id:hitode99:20170727223739j:plain

稲沼「10円ハゲは、本当の心の内を知っているんです! 自分も知らない心の内を知っているんです!」

僕「いや1回待って。怖くない? どうしたの? 大丈夫??」

稲沼「でもですね、僕は実際に10円ハゲが出来てから、仕事の有り方を変えたんですよ。もしかして、自分が本当の本当にやりたいのは「デザイン」じゃなかったのか? って。10円ハゲが出来るって事は、何処か違ったのか? って自分に問いかけたんです」

稲沼「詳しくは割愛しますが、そうやって悩んだ結果、僕が本当にやりたかったのはデザインの中でも、その中の一部である「表現活動」だったんだ、って事に気付いたんです」

稲沼「だから今は、その「表現活動」と「デザイン」を切り離して、「デザインで頂いたお金で、お金には一切ならない収益度外視な表現活動をする」「そのバカな表現活動を見て自分に興味を持ってくれた人がデザインの顧客になってくれる」という良いサイクルが回っているんです」

僕(長くね? 話)

稲沼「おかげで当時はギリギリ食っていける程度だった収益も、めっちゃ仕事いれたら大台の100万円を超す事も出来ました。信じられますか? 10円ハゲが100万円ですよ! 1万倍ですよ!」

僕「10万倍ですね」

稲沼「10万倍ですよ!」

稲沼「だから、俺は10円ハゲには滅茶苦茶感謝している。10円ハゲは、贈り物だから!!」

僕「思いの外良い内容で感心しちゃいました。バカにしてごめんなさい」

稲沼「や~しかし10円でこれですからね、もし3つ10円ハゲ出来てたら恐らく300万ですからね~~年収3000万突破ですよ~~。100円ハゲだったらなんと1000万ですからね~~」

僕「やっぱちょっとバカだよね」

まとめ:10円ハゲは、体や精神の異常を教えてくれるサイン

f:id:hitode99:20170727221320p:plain

2人に共通していた事として

・出来ると思っていなかったのに出来た

・振り返ると、実は負担がかかっていた

という事があります

つまり10円ハゲははっきりと自覚していなくても、体や精神の異常を教えてくれるサインという事が言えると思います

精神的に既におかしいと思っていた場合はもちろんすぐに病院に行くきですが、そんな自覚が無い場合も、10円ハゲが出来たなら、とりあえず今の仕事を見直しましょう。

2人とも勝手に直ったとの事でしたが、いずれも1つ出来た段階で仕事を見直しています

万が一それすら出来ない状況にいるのであれば、環境を変える事も考えてくださいね

また、複数出来た場合は満場一致で

「病院へ行け」

という事だったので覚えておいてください

自由に生きる

非常に甘美な言葉ですが、やはり、世の中にはただ甘いだけという事は無いようです

ハゲないように、頑張って行きましょう

はい! 今笑ってるそこのあなた!

後頭部、本当に大丈夫??

そんな感じ!

おわりっ

おまけ

何でまたハゲてんねん!!!!!

おわりっ

こちらも合わせてどうぞ
1.「自分の強み」本当にわかってますか?→自分の強みを知る! 無料だけどガチな性格診断!

2.これで月325円はマジで凄い!→Amazonプライムが月々330円なのにお得すぎてやばい

3.実際に全部買ってレビューしてます→Amazonで買って良かった物25選!超捗る物はコレだ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です